なえなえ君なえなえ君

最近、勃ちが悪くて・・・

朝勃ちもしないしEDなんじゃないかと心配です・・・

ぎんぎん先生ぎんぎん先生

それは確かに危険だね!

EDの可能性は高いと言えそうだよ。

ED・勃起不全がどんな症状かどんな原因なのかよく知って、対策を立てていきましょう!

ED・勃起不全とは?

EDとは?
ED・勃起不全は言葉としては広く浸透してきましたが、どんな症状なのか、確認しておきましょう。

【ED・勃起不全の症状】

  • ペニスが硬くならない・ギンギンに勃たない
  • ペニスの方さが足りず女性の膣に挿入できない

いざ、セックスしようと思っても、勃起しないという状態です。もちろん、セックスをしようと思わなくても、男性のペニスは勃起するときもありますね。AVを見てオナニーをしようとするとき、ちょっと厭らしいことを想像したとき、朝勃ちなどです。

ED・勃起不全といっても、いろんなシチュエーションによって、勃起するのかしないのか、人それぞれ症状が違います。そのため、ED・勃起不全といってもいろんな種類があるんです。

近年、泌尿器科への相談に増えているEDを大別して、その症状をお伝えしていきましょう。

【ED・勃起不全の種類】

  • 妻(彼女)だけED
  • 女性にED
  • 妊活ED

いずれの症状も、特定の条件を満たした時だけEDを発症するものです。そしてここに挙げたEDは心理的な要因が大きく関係していますね。

①妻(彼女)だけED

妻だけED
特定パートナーとのセックスの時だけEDになってしまうという症状です。もしくは、射精までできずに中折れする、などの症状を引き起こす人もいますね。

特定パートナー意外とならギンギンに勃起するし、AVを見たりオナニーするのには何ら抵抗がありません。風俗だと気持ちよくセックスできるし、セフレとも何回戦でもできる!射精はいつでもしたい!穴があったら入れたい!なんて人でも発症する症状です。

特定パートナーへの「マンネリ」や長年連れ添ったことによる「家族化」という現象により、セックスをしにくくなってしまうんですね。

妻・彼女は大変ショックを受けている

この症状の方のパートナーは、とてもショックを受けやすくなります。

  • 私には女性の魅力を感じない
  • 私には女性の価値がない
  • 私を愛してくれていない

こう思われてしまうんですね。

しかし、これは大きな勘違いで(中には愛がない人もいるかもしれませんが)、パートナーのことを愛していないからEDになるわけではありません。むしろ、パートナーとの仲は良く、とても深い愛情をささげられている場合の方が多いでしょう。

本来は愛し合う二人なのですからセックスも気持ちよく二人で出来ればよいのですけどね・・・。

②女性にED

女性にED
女性とのセックスの時にうまく勃起できない、という症状です。オナニーをするとき、AVを見るとき、風俗でご奉仕をしてもらっているとき、オナホを使っているときは、とても気持ちよくギンギンに勃起します。

しかし、いざ女性の膣に挿入しようとすると、ペニスが委縮して硬さを維持できない、という症状ですね。

はっきり言うと、「童貞」に多い症状です。素人童貞も含みますよ。

女性の膣に挿入したことがないため、いざ本番を迎えてしまうと緊張してペニスが委縮してしまう現象です。あなたが童貞でなければ、若い日の初体験を思い出してみてください。

とても緊張して、なかなか挿入できなかったのではないでしょうか?フェラはあんなに気持ちよかったのに、何故維持できない・・・なんて思いませんでしたか?

何を隠そう、私自身も童貞を捨てた日は、緊張しすぎてすぐには入れられませんでした。挿入しても、三こすり半でイってしまいまい、かなり恥ずかしい思いもしましたしね~。

次のセックスを誘いにくかったのも苦い思い出です(笑)

しかし、近年は男性の草食化が進んでいるため、童貞率がかなり上がっています。そのため、夫婦になってからセックスにトライしたが、出来なかった、なんていうことが、本当に多くなっているんです。

③妊活ED

妊活ED
近年特徴的に増えているのが妊活によるEDです。晩婚化の影響から、妊活を積極的に行い「特定の日にセックスをする」なんていうのが、一般化しています。

会社に行く前に、奥さんから「今日は排卵日だからお願いね」なんて送り出されて出勤する旦那さんが増えているんですよ。

もちろん、初めのうちは、奥さんも旦那も子供が欲しいから、積極的にセックスするんですが、うまくいかない日々が続くと、だんだんストレスになってきます。ストレスになるのは男性だけではなく、女性もなのですが、実は男性の方がない面はナイーブにできるので、そのストレスによりEDを発症してしまうケースが出ているんですよ。

セックスは本来楽しくて、気持ちの良いものなのに、だんだんと子供作る「作業」と化していってしまい、旦那さんはだんだんと「種馬」のように扱われていると感じてしまいます。

このように感じてしまうと、もはやセックスに楽しみは生まれなくて、苦痛になってしまう・・・・そしてEDに・・・となってしまうんです。

ED・勃起不全の4つの原因

ED・勃起不全にはいろいろな症状があることも分かったと思いますが、これらの原因は何なのでしょうか。勃起のメカニズムから、ED・勃起不全の原因を見ていきましょう。

勃起のメカニズム

原因
勃起はエロイことを考えると自然に起きるもの、と思っていると思いますが、エロイことを考えると、実は体の中で様々なことが起きて勃起という現象を引き起こしています。人体の神秘といってもいいかもしれませんね。

【勃起のメカニズム】

  1. 性的興奮を覚える
  2. 脳から勃起中枢(神経)に指令を出す
  3. ペニスの海綿体に血液が流れ込む
  4. 血液が流れ込んだ血圧により勃起する

細かいことを覚える必要はありませんが、簡単にいうと血液の流れによってペニスは固く大きくなっているんです。

ちなみに、性的興奮を覚えるといっていますが、いくらエロイことを考えても、集中しているときは勃起しませんよね?大事なスポーツの試合中に、ちょっとセクシーな女の人を見ても、勃起はしません。

でも、暇な時にちょっとしたエロイもうそうでも勃起してしまう、なんて経験ありませんか?あとは、授業中に授業の内容がよくわからなくて眠くなってくると、勃起してくる、なんていうのもあるあるですよね?

実はこの現象にも理由があります。

勃起の時は「副交感神経優位(リラックス)」している必要があるからです。逆に「交感神経優位(緊張状態)」だと、勃起は起こりません。

ただ、実は射精するときには「交感神経優位」になっているので、リラックスした状態でセックスを楽しんでいても、射精するときは集中した状態になる「気合が必要」ということです。

では、勃起のメカニズムが分かったので、ED・勃起不全の原因を見ていきましょう。

ED・勃起不全の原因①血流の問題

血行不良
勃起のメカニズムで説明した通り、ペニスが大きくなるのは「血圧」の問題だったんですね。つまりは、勃起しないという症状は血圧を高められていない、という状態だということが分かります。

そのため、実は血行不良がED・勃起不全の原因になるわけです。

血行不良というと原因は多岐に渡るので、何か特定の原因を発見するのは難しいかもしれませんね。

【血行不良の原因】

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 冷え
  • ストレス
  • 食事の乱れ
  • 睡眠の乱れ
  • 筋力低下
  • 老化

血行不良の原因はいろいろです。ここに挙げたのは一例であり、すべてではありません。

一言でいうと生活習慣の乱れからくる症状といえますね。

特に年を取ってくると、筋力が低下してきて血液を心臓へ送り返す力が弱くなって、血行不良を起こしたり、体内の活性酸素という物質を除去する力が低下したことにより、血管に過酸化脂質ができて、血管を狭めてしまったりします。

そのため、年齢を重ねれば重ねるほど、ED・勃起不全になるリスクは増えていくのです。

実は恐ろしい?EDは糖尿病・心筋梗塞の前兆?

ED・勃起不全は血行不良からくる病気の場合もあるため、実は糖尿病や心筋梗塞の前兆の可能性があります。ペニスへの血液循環が悪くなっているということは、他の部分の血管もふさがって、血行不良になっている可能性があるからです。

所詮EDだろ・・・なんて侮っていると、健康被害も出るかもしれませんよ?

ただし、EDの原因が以下で説明する精神的なものだと断言出来れば、違うかもしれませんね。(複合要因の場合もあるが・・・)

ED・勃起不全の原因②男性ホルモン(テストステロン)の低下

血行不良
テストステロンもEDの原因となります。テストステロンの作用により性的興奮を覚える、という勃起の初動が起こっているからですね。

テストステロンの分泌が弱くなると、エロイことに対するセンサーが敏感に働かなくなる、ということです。男性のテストステロン分泌が落ちてくるのは、25歳がピークといわれているので、30代に入りセックスしたいと思うことが少なくなった、風俗いきたいって思わなくなった、オナニーのペースが落ちた、なんてことは自然なことなんです。

40歳になるとピーク時の約半分になるので、性欲はかなり減退していることになりますね。

何も対策をしなければ、テストステロン分泌は衰えていくだけなので、どんどんEDになってしまいます。50代でも60代でもセックスを気持ちよく楽しみたかったら、テストステロンとの上手な付き合い方を覚えないといけませんね。

ED・勃起不全の原因③神経障害

神経外傷
神経障害は神経自体に傷がついていることです。性的興奮をキャッチした後、脳から今エロイことを考えているよ、と伝えるために必要なのが神経です。いわば、道路のようなものです。

ただ、道路が壊れていては目的地にたどり着けないですよね?

神経が傷ついてしまっていると、勃起に必要な信号をキャッチできなくなってしまい、ED・勃起不全になってしまいます。

神経障害は、けがや手術などで発生する可能性のあるものなので、怪我が完治しているのか、手術による後遺症の可能性はないか、疑ってみるとよいでしょう。

ED・勃起不全の原因④精神的問題

精神的ストレス
精神的な問題も勃起不全の原因となっています。特に、勃起不全の種類でご紹介した3種は、どれも「精神的なものから発症している症状」ですね。

勃起はリラックスしている状態じゃないと発生しない、と説明した通りですね。

セックスの時にリラックスできていないため、勃起することができないという状態です。精神的なものはいろいろあります。

  • セックスがへたくそといわれて自信を無くした
  • ペニスが小さいといわれて自信を無くした
  • ペニスが大きすぎて挿入できなかった
  • 女性の膣の中で気持ちよいと感じなかった
  • 早漏ですぐイってしまうので女性を満足させられないと悩んでしまった
  • 遅漏で女性に嫌な顔をされてしまい挿入できなくなった

本当にいろいろな原因がありますが、主に多いのがセックスに対する自信がないことです。童貞が勃起しない理由と同じですが、セックスを上手にしてあげないと・・・というプレッシャーがあなたのEDを発生させているかもしれません。

セックスを上手に都は難しいですが、早すぎる、気持ちよくない、自己満過ぎる、など過去のセックスパートナーに言われた言葉が、精神的トラウマになっている可能性もあります。

セックスは女性とのコミュニケーションの一つですが、どうしても男性の心には「男が女を満足させてやっている」なんていう自尊心・プライドがあるので、セックスを罵倒されるとトラウマになりやすくなっています。

また、変なオナニーの癖をつけたり、過去の過激なプレー、アナルセックスやコスプレ、SMなどになれてしまって、セックスに対して性的な興奮を覚えないという可能性もありますね。

ED・勃起不全のつの対策

いろいろなED・勃起不全の原因が分かってきたと思いますが、それではどのような対策があるのでしょうか。

ED・勃起不全対策①食事の改善

食事の改善
健康の基本なので、改善内容を事細かにいう必要はないかもしれませんね。ED・勃起不全の原因は血行不良の場合があります。つまり、糖尿病や高血圧系の症状と同じ状態なのです。

と、いうことは、糖尿病対策や高血圧への対策の食事内容が、そのままED・勃起不全の対策に当てはまります。

  • カロリーを取り過ぎない
  • 脂質分の多い食事をとり過ぎない
  • 野菜・果実を摂取する
  • タンパク質・糖質・脂質をバランスよくとる

当然のことですが、できるだけ栄養バランスのとれた食事をとり、食べ過ぎに注意しましょう。特に亜鉛、アミノ酸、Lアルギニンなどの栄養を補給すると、テストステロンの分泌も活性化されるので、バランスのとれた食事に取り入れたいところです。

ただし、心理的要因・神経障害には効果を発揮しないので、自分の原因をしっかりと突き止めましょう。

ED・勃起不全対策②運動

運動

適度な運動もED・勃起不全に効果があります。肥満や糖尿病がED・勃起不全の原因になるため、当然といえば当然ですね。

運動は、筋肉をつけるような筋トレを行うよりも、有酸素運動のような緩やかな運動がおすすめです。

  • ウォーキング・ジョギング
  • 水泳

有酸素運動というと、最近は流行の自転車を思い浮かべる方もいると思いますが、自転車はおすすめできません。自転車は睾丸(金玉)を圧迫するため、実は精子にとって良い効果を生みません。

もしも、自転車を行うのなら、睾丸を圧迫しないように、サドルに座りっぱなしではなく、10分に一度は立ちこぎを混ぜるなど、工夫してあげてください。

ED・勃起不全対策③禁煙

禁煙

タバコは百害あって一利なし、なんてよく言われますが、ED・勃起不全についても同じことが言えます。タバコには、活性酸素という様々な物質を酸化させる非常に凶悪な物質を発生させる効果があり、活性酸素が血中の脂質を酸化させて、血管を埋め尽くしてしまいます。

活性酸素は、老いの元凶・病気の元凶とも言われている物質なので、いつまでもセックスを楽しみたかったら、すぐにやめるべきものです。

ED・勃起不全対策④バイアグラなどの薬

薬

バイアグラなどの薬は確かにED・勃起不全には効果を発揮します。セックスの1時間前に飲めば、問題なく作用するので、子作りなどを目的にED・勃起不全を改善したい人には、効果的といえるかもしれません。

しかし、バイアグラの効果は一時的なものです。バイアグラに頼ればセックスできるものの、なければセックスできません。

薬に頼ったセックスは、はっきり言って楽しいものではないので、根本的な原因を解決して、快適なセックスライフを楽しむ方が賢明といえるでしょう。

ED・勃起不全対策⑤オナニー改善

オナニー改善
オナニーでは勃起し、射精するのに、セックスの時だけ勃起しないのなら、オナニーの仕方に問題がある可能性があります。いわゆる、床オナをしていませんか?

床オナとは、床や壁にペニスを圧迫するように押し付けることで快感を得て、射精するというオナニーのことです。

本来のセックスとは程遠い快感を覚えてしまったために、いざセックスの時に「気持ちよいイメージがわかない」となってしまっている可能性はあります。そんなあなたは、女性の膣で射精できるトレーニング・イメージを植え付けることが必要です。

女性の膣で射精するトレーニングには「オナホ」「TENGA」などが有効ですね。女性の性器に近い感触を味わえるので、オナニーをオナホに切り替え、そして女性とのセックスに挑むようにすると、効果的かもしれません。

ED・勃起不全対策⑥環境を変える

環境を変える
意外と環境を変えるだけでED・勃起不全が解決する、なんてこともあるんです。特に、特定パートナーにのみEDを引き起こす、妻だけEDに効果的です。

家では、セックスする気になれなければ、たまにはラブホに行ってみる、旅行に行ってみる、などの環境を変えると、セックスしたくなる可能性が上がります。

それでもセックスへの気分が高まらなければ、外でセックスに挑戦(違法ですが・・・)、コスプレに挑戦、ローションプレーに挑戦、などいろいろとセックスの仕方を変えることも有効です。

もちろん、妻・彼女の了承がいることですが、案外新境地、新たな性癖を発見できて、楽しい・気持ちいいということもありますよ。

ED・勃起不全に悩むのは40代・50代だけ?

ED・勃起不全に悩むのは40代や50代だけと思いがちですが、実は20代だって10代だってED・勃起不全にはなります。早めに対策しないと、セックスを楽しめなくなってしまうので、気をつけましょうね。

まとめ

なえなえ君なえなえ君

EDにもいろいろな種類があって対策もいっぱいあるんですね!

僕の場合はオナニーに・・・

ぎんぎん先生ぎんぎん先生

確かにオナニーに問題があると恥ずかしいよね。

でも現代人は本当にオナニーのやり方が間違っているんだよ。

人には言えない悩みもネットでコッソリ解決策が手に入る時代になったから、ちゃんと対策しようね!