なえなえ君なえなえ君

先生!ハゲたくないしEDにもなりたくないです。

でもED対策するとハゲになるって聞いたんですけど・・・。


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

薄毛とEDには確かに関連性があるね。

でも、薄毛だから絶対にED、EDだから絶対に薄毛にならないというわけではないんだよ。

どんな関係性があって両立する手段はないのか解説していくよ!


薄毛とEDの関係

ハゲるとEDになりやすくなると言われていますが、本当に関係性があるのか、それぞれの発症メカニズムを確認し関連性を確認していきましょう。

ハゲの原因は男性ホルモンが多すぎること!?

薄毛
ハゲの原因は男性ホルモン(テストステロン)といわれています。

正確にはテストステロンが活性型のデヒドロテストステロンに変わることで頭髪が抜け落ちるのを促進すると考えられています。デヒドロテストステロンの元であるテストステロンが少なければ少ないほど、髪の毛が抜けにくいのは事実なんですね。

男性ホルモン(テストステロン)の基本的な役割は「男性らしさ」を作るものです。女性にない(できにくく)男性にあるものは基本的には男性ホルモン(テストステロン)の働きと考えてよいでしょう。

【男性ホルモン(テストステロン)の主な役割】

  • 筋肉の成長促進
  • 体毛(胸毛・すね毛・ひげ・腕毛など)
  • 精子・精液の生産
  • 活力・気力く・闘争心の源

注目したいのは「体毛」ですね。皆さん小さなころこんなこと思ったことがありませんか?

「ハゲのおっさんって胸毛濃いww」
「胸毛を頭に移植すればいいのにww」

胸毛などは男性ホルモン(テストステロン)が豊富な人は生えやすくなっています。そう考えると「男性ホルモン(テストステロン)がハゲに関係しているのは間違えない」と思えるのではないでしょうか。

しかし、ハゲたくないからといって男性ホルモン(テストステロン)の働きを抑えると、男性ホルモン(テストステロン)の主な役割で述べたような機能も低下することは忘れたはいけません。

参考:テストステロンの役割とは?

EDの原因は男性ホルモンの減退!?

EDの原因
EDの原因は男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下していることです。男性ホルモン(テストステロン)の分泌量のピークは25歳といわれていて、それ以降は徐々に落ちていきます。

男性ホルモン(テストステロン)の量が減ってしまうと徐々に「精力」は下がっていき、必然的にEDになる可能性は高くなります。

あなたが30代を過ぎていれば、実感していると思うのですが「性欲は変わらないと思っているけど勃起が鈍かったり精液量が減ってきたり」なんてことを感じていませんか?

若いときはいくらでもセックスができる体だったのに、2回戦3回戦が億劫になってきた、オナニーの頻度が減ってきた、など如実に分かりますね。

薄毛治療がEDを引き起こす!?

EDを引き起こす
薄毛の治療で代表的なのが薬を使った治療です。有名なのがプロペシアという脱毛防止薬ですが、何故薄毛を治療できるのかご存知でしょうか。

「プロペシアに含まれるフィナステリドという成分が男性ホルモン(テストステロン)をデヒドロテストステロンに変わることを阻止する」からなんです。

泌尿器科医小堀先生の著書によれば、デヒドロテストステロンの生成を阻害することで、男性機能の障害を発生させる可能性はあると述べられています。また、発症するのは不可逆性EDといい極めて治療が困難なEDになるということです。

デヒドロテストステロンは男性ホルモン(テストステロン)の活性した状態のホルモンです。勘違いしてはいけないのが、活性=悪ではなく働きが強くなっているということなんですよ。

つまり、働き者の男性ホルモン(テストステロン)を生産しなくなるため男性機能に悪影響を与えてしまうんですね。

薄毛治療はもちろん薬だけではありませんが、抜け毛防止でハゲを防ごうとすると男性期に与える影響が甚大な可能性があるということです。

ハゲたくないしEDにもなりたくない!

ハゲの治療薬がEDを引き起こす可能性があるというのは分かっても・・・どっちも両立したいと思いますよね?

そうなると、どうすればいいのでしょうか?

【両立する方法】

  • 男性ホルモンの分泌量は維持orアップさせる
  • 男性ホルモン以外の薄毛の原因をカットしていく

ただし、ハゲる人ハゲない人の差は体質の差があるのが事実です。

自分にハゲの体質だという人は、一般的な薄毛対策をしたとしても効果は期待できない可能性は大いにあります。

一方で、先ほどご紹介したプロペシアに代表がれるハゲ治療薬は薬として効果があることは確立されているため本当に効果の高い商品です。本当にハゲをどうにかしたいなら、精力を犠牲にして利用することをお勧めします。

どちらがいいのかはあなた次第なんですけどね。

「一生セックスなんてしなくていいし気力や活力が経てもいい:ハゲ治療薬を使う」
「まだまだセックスしたいし気力にあふれる男でいたい:ハゲ治療薬を使わない」

これ以降は、ハゲ治療薬を利用しない人だけ進んでくださいね。

ハゲ・ED両方対策①食事

食事
ハゲにもEDにもやはり食事は大切です。身もふたもないことを言ってしまえば「3食ちゃんとバランスの取れた食事を摂取しましょう」となってしまうのですが、特にどんな成分が必要なのでしょうか。

【ハゲ・ED対策に必要な栄養】

  • アミノ酸:毛髪の原材料・ホルモンの原材料
  • ビタミン・ミネラル:毛髪・ホルモンの作成を促す促進成分
  • 亜鉛:セックスミネラルで活力の元

この中でも最も重要なのがどれかといわれると、難しいですがアミノ酸かもしれません。アミノ酸はタンパク質が分解されたもので、特に20種類のアミノ酸が毛髪の原材料に必要となります。

ただ、やはりバランスが最重要で特定の成分だけを摂取したからといって毛髪やホルモンの分泌を促せるわけではありません

バランスといわれても難しいな、と思うかもしれませんが逆にNGな食事を知っておきできるだけ避けるというのはどうでしょうか。

「脂っこいものをできるだけ控える」
「炭水化物ばかりでお腹を満たすのを控える」

これだけ意識したとしても効果的といえるでしょう。私もお昼ご飯にコンビニに行っても「カップラーメンを取るのではなくサラダチキンを取る」なんて事をしていますね。

ハゲ・ED両方対策②ストレス発散

ストレス発散
ストレスはハゲもEDもどちらも引き起こします。

分かりやすい例だと「ストレスによって円形脱毛症を発症した」なんて話ではないでしょうか。身近な人や芸能人の話などで聞いたことがありますよね?

EDもストレスが原因で発症してしまいます。ストレスが多いと体の中では「交感神経(緊張状態を司る神経)優位」になってしまい、体がリラックスできなくなってしまいます。勃起はリラックスしていないと発生しないので、ストレスがかかり過ぎていると勃起なんてできなくなってしまうんです。

緊張感のあるプレゼンでは勃起してしまうことはないけど、興味のない世界史の授業中は勃起してしまいましたよね?

また、仕事が忙しくてストレスがかかった状態でセックスしようという気持ちにならかったことは経験ありませんか?

ストレス発散するには人それぞれの方法がありますが「おいしい食事を食べる」「お酒を飲む」「スポーツをする」「よく寝る」など、自分なりのストレス発散方法を持つことがハゲ&ED対策につながります。

ハゲ・ED両方対策③運動

運動
適度な運動はハゲ対策に有効です。運動をすることで血行が促進され頭皮への栄養供給がスムーズになるからですね。

ハゲ対策ならウォーキングなどの有酸素運動で汗を流すことで、代謝も上がり血行が良くなる効果が期待できます。

ただ、ED対策で精力をアップさせたいなら負荷の高い無酸素運動・筋トレがおすすめになります。筋肉は男性の方が発達しやすいのは男性ホルモン(テストステロン)のおかげです。

つまり、筋肉を強化しようとするとき男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が上がっているということなんですね。

じゃあ、ハゲたくないしEDにもなりたくないならどっちがいいのか?

答えはありませんが・・・強いて言えば有酸素運動で汗を流す方がいいかもしれません。なぜなら、筋トレよりもカロリー消費量が多くなりやすく、肥満対策になり代謝力が上がるからです。

代謝が良くなることで毛髪の生成もホルモン生成もスムーズになることが期待できますからね。

ハゲ・ED両方対策④頭皮の衛生

頭皮を清潔に
頭皮の衛生状況は毛髪の成長を邪魔します。毛穴が詰まればその分髪の毛が呼吸できないようなものです。EDには関係ありませんけどね。

頭皮は毎日洗っているから清潔だ、と思っている方もいると思いますが、ただ洗えばよいというわけでもありません。

「お風呂に入り毛穴が開いてから頭皮を洗う」
「髪が濡れたまま放置しない」
「泡立てシャンプーする」
「トリートメントは頭皮にはつけず毛髪だけにつける」

などの注意点があります。

ハゲ・ED両方対策⑤よい睡眠

睡眠
良い睡眠をとることがホルモン分泌の促進や栄養伝搬に良い影響を与えます。

ただし、良い睡眠というのが長時間寝ればよいというわけではありません。睡眠時間は人それぞれ適切な時間があり、長すぎても短すぎてもあまり良くないと考えられています。

「8割の人は6時間~8時間の睡眠」
「1割の人は3時間~4時間の睡眠」
「1割の人は8時間~10時間の睡眠」

と別れているので、まずは6時間~8時間の睡眠を試してみるのが良いでしょう。

また、寝る時間も睡眠の質に関係します。睡眠のゴールデンタイムを聞いたことがあるかもしれませんが「22時~2時」の間に熟睡していると栄養吸収が良くホルモン分泌もよくなります。

ポイントは熟睡している必要があるため、熟睡を阻害するような「夜遅い食事(消化器官が動いている)」なども避けましょう。

ハゲ・ED両方対策⑥血流促進

血流
ハゲにもEDにも血行不良は悪影響を与えます。

まず頭皮には無数の毛細血管があり毛細血管を通って髪の毛に栄養が行き届いているためですね。頭皮のマッサージがハゲ対策に効果的だと言われたことあるかもしれませんが、頭皮の血行を良くするためにマッサージが有効と考えられているからです。

ただ、血行を良くしようと力を入れてマッサージしてしまうと、逆に毛細血管をつぶしてしまい血行が悪くなる時もあるので注意しましょう。ブラシでたたくのとかはNGです。

EDに関しては勃起のメカニズムに関係します。勃起のメカニズムは簡単にいうと「ペニスに血液が流れ込み膨らんでいる」ということを知っていますか?

そのため、血液の流れが悪くなるとペニスにも当然血が流れにくくなり勃起しにくくなってしまいます。泌尿器科医の中にはEDは血行不良の前兆だから、笑い事ではなく真剣に治療に挑むように、注意喚起する人もいます。

血行不良は深刻化すれば大きな病気「心筋梗塞」「動脈硬化」などを引き起こしてしまうからです。

血行を良くするためには、先ほども登場した運動や食事も有効ですが、特に効果的なのが「アルギニン」というアミノ酸を多く摂取することです。

アルギニンは血管拡張効果がある成分なので、豊富に摂取すると血管が広がって血の流れがスムーズになるんです。

参考:アルギニンの効果とは?

まとめ

なえなえ君なえなえ君

ハゲ対策とED対策は絶対に相いれないわけじゃないんですね。

やっぱりハゲじゃないし精力のある男になりたいので頑張ります!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

そうだね!

先生も精力剤を毎日飲んでるけどハゲになる気配は全然ないよ!

精力は男のエネルギーといってもいいものだから両立できるといいね。