ぎんぎん先生ぎんぎん先生

50代の夫婦の営み事情ってどれくらいか気になりますよね?

やっぱり50代はもう枯れてしまっている?実は意外と現役バリバリ?

50代の夫婦の営み事情を調査

50代の夫婦50人にアンケート調査を行い、どれくらいの頻度で営んでいるのかを調査してみました。50代といえば仕事もある程度落ち着いてきた、子供も大きくなり手がかからなくなってきた、という落ち着いた時期?

性事情も同様に落ち着いてきているのでしょうか?

調査協力:Shionbiライティング

アンケート調査結果

50代夫婦のセックス頻度

 1位 :6ヶ月以上していない・・・42%
 2位 :1ヶ月~6ヶ月していない・・・18%
 3位 :月に1回程度・・・12%
 4位 :2週間に1回程度・・・10%
 5位 :週に1回程度・・・8%
 6位 :週に2回程度・・・6%
 7位 :週に3回以上・・・2%

精力剤を探してみる

1位:6ヶ月以上していない

  • セックスレスになって2年近くなります。妻に拒否されているのがセックスレスの原因です。「そんな気になれない」というのが、妻の言い分です。(埼玉県・58歳・男性・自営業)
  • 旦那に興味がない。子供達がいるのでする時間がないことが理由でこの状態です。(東京都・51歳・女性・主婦)
  • もうお互いその様なことは自然としなくなった(東京都・56歳・女性)
  • その気にならない。(性欲が衰退した)(鳥取県・54歳・男性・会社員)
  • 妻の更年期障害の時期に、性格が変わったように怒りまくる妻を見てその気が全くなくなってしまった。妻自身も更年期以来全くその気を示さないのでそのまま営みは無いまま続いている。自分としては面倒なので今のままがよいと思う。(高知県・58歳・男性・会社員)
  • 異性として見ることができない(東京都・50歳・女性・主婦)

「6ヶ月以上していない」まとめ

やはりというべきなのか、50代は6ヶ月以上セックスをしない夫婦が最多となりました。性欲が減退していたり、もはや異性として見れないという意見も出ています。

また、女性の場合は閉経後に更年期障害になる場合もあり、セックスどころではない、というのもありますね。

2位:1ヶ月~6ヶ月していない

  • 旦那に興味がない(大阪府・57歳・女性・主婦)
  • 旦那が誘ってくれないので。(福岡県・59歳・女性・主婦)
  • 出産を機に減りました(北海道・50歳・主婦)
  • 私の方にEDの症状が出てきたために、行うのが困難になってしまっている。(福岡県・55歳・男性・無職)
  • 妻も50代となり、性の対象として考えられなくなったため(福島県・50歳・男性・会社員)

「1ヶ月~6ヶ月していない」のまとめ

1ヶ月~6ヶ月していない方の理由も、6ヶ月以上していない方の理由と似ていて、異性としての魅力がなくなったという意見が多くあります。男女ともに異性としてお互いを見なくなってしまっていますね。

また、EDが原因でセックスができなくなるという意見もあり、本当はしたくてもできない、ということがリアルに発生してくる年代といえます。

3位:月に1回程度

  • できるだけ行為に及べるよう努めているが中々タイミングが合わない。(東京都・54歳・男性・建設業)
  • 共働きでお互い疲れて夜は早く寝てしまうのでこのくらいの頻度になります。(埼玉県・57歳・女性・パート)
  • 月に一回必ず行う日を決めている。(福岡県・51歳・女性・主婦)
  • 夫婦の約束事です(大阪府・51歳・男性・自営業)

「月に1回程度」まとめ

50代で月に1回程度のセックスをしている人は、約束事として月1のセックスを決めているという人が多かったですね。決め事にしないと、なかなかセックスできない・・・というのがリアルな実情です。

ただ、セックスを決め事にしているのは、二人の愛情を保つための努力とも言えます。やはりセックスは愛を感じる行為であり、いくつになっても必要なこと、とお互いがお互いを尊重している結果ですね。

いわゆる「セックスレス」は50代夫婦は60%

セックスレスの定義は1ヶ月に1回以上のセックスを行わないこと、とすると全体の60%がセックスレスの夫婦ということになりました。

この数値はどう感じるでしょうか?意外と少ないと感じますか?

「私個人的にはセックスレス夫婦が多いな」

と感じます。

50代だからといってセックスはもう終わり・・・では悲しいなと感じます。いくつになっても男は男ですし、女は女です。夫婦になっても、いつまでもお互いを異性として尊重しあえるのが、理想の夫婦だと思いますからね。

セックスを毎週楽しんでいる50代夫婦は18%

セックスを毎週楽しんでいる夫婦は全体の1/5程度という結果でした。そして、毎週セックスをしている夫婦はまだまだセックスがしたいという願望が強いという意見が多いですね。

  • 子供達がいない平日に主人が休みになる日がだいたい週に1日なので。(海外・51歳・女性・主婦)
  • 自然とお互い誘う頻度がこの頻度に。(長崎県・50歳・女性・パート)
  • 年が離れた若い妻で、営みに対して積極的。まだまだ飽きません。(大阪府・52歳・男性・講師)

本当はもっとセックスがしたいけど、タイミングや仕事の疲れが抜けにくくなってきて、うまくセックスできないということが多いようです。そんな中でも、夫婦の愛情を確かめ合うために努力してセックスをしています。

また、毎週セックスをしている夫婦はお互いのことを異性として魅力的に感じていて、夫婦仲も非常に良くなっているようですね。やはり、いくつになってもセックスをすることは大切なんだと、つくづく感じます。

まとめ

50代の営み事情は想像通りだったでしょうか。50代はセックスを積極的に行う層と、全く行わなくなる層の2極化が激しい時期とも言えますね。他の年代でも、セックスを行わない夫婦は多くいますが、50代はより多くなっているのは事実ですが、それでも努力してお互いを尊重しているステキな夫婦が多くいます。

50代は子供も大きくなり、2回目の夫婦二人の生活が近づいてくる時期でもあります。セックスをしていない夫婦は、お互いのことを異性として魅力を感じていないので、子供がいなくなれば熟年離婚も視野に入ってきてしまいますね。好きでもない男女が一緒に住むのは不自然ですから。

また、定年まで夫婦関係を続ければ熟年離婚したとしても、女性側に年金は入ります。もはや、セックスをしない夫婦は50代~60代にかけて夫婦でいる意味はなくなってしまうんですね。

50代は努力次第で、まだ夫婦生活を取り戻せる可能性がある時期なので、後ひと頑張りしてみてもいいかもしれません。

「ひと頑張り」を助ける精力剤を探してみる