なえなえ君なえなえ君

精力剤を探しているとカルニチンって言葉を目にすることがあるんですが、どんな効果があるんでしょうか。

やっぱり、精力アップに効果的な成分なんでしょうか?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

カルニチンは精力剤にも利用されていることがあるね!

どんな効果があるものなのか、詳しく解説していくよ!


カルニチンとは?

カルニチン

カルニチンは私たちの細胞の中に存在するアミノ酸由来の物質です。

肉類などに多く含まれており、他にもメチオニンやリジンといった必須アミノ酸から体内で合成されています。

カルニチンにはL-カルニチンやアセチル-L-カルニチンなどいくつかの種類があり、私たちの体に多く含まれるのはL-カルニチンです。

生体内におけるL-カルニチンの98%は骨格筋や心筋に存在し、その細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼する際に重要な役割を担っています。

つまりL-カルニチンは体の筋肉や心臓に活力を与える栄養素なのです。

またアセチル-L-カルニチンには脳内に運ばれると神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を促し、脳の働きを活発にする働きがあることもわかってきました。

それでは、実際にカルニチンがどのような効果をもたらすのか、具体的にみていきましょう。

カルニチンの効果

では、カルニチンにはどんな効果があるのでしょうか?

  • 脂肪燃焼(ダイエット)効果
  • 筋肉痛の軽減
  • 心臓疾患の改善
  • アルツハイマー病の予防と改善
  • 精子の運動を活発する

カルニチンは脂肪燃焼系の栄養素として知られていますが、他にも様々な効果が期待できる成分です。
精力剤を探してみる

それでは、それぞれの効果についてもう少し詳しくご紹介していきます。

脂肪燃焼(ダイエット)効果

ダイエット

カルニチンは細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼する際に必要な栄養素です。

またカルニチンはブドウ糖の代謝にも利用されています。

そのため運動前にカルニチンを摂取すると、運動による体脂肪の代謝を効率良く行う事ができ、ダイエットサプリメントとしても注目されています。

筋肉痛の軽減

筋肉痛

カルニチンは細胞内でミトコンドリアが脂肪を燃焼する際、ミトコンドリアに脂肪を運ぶ役割をに担っています。

カルニチンのこの働きによって、ミトコンドリアが脂肪を効率よく燃やしてエネルギーを発生させることができるのです。

そのため運動前にカルニチンを摂取すると、筋肉内でのエネルギー発生を活発にし、疲労による筋肉痛を軽減する効果があります。

心臓疾患の改善

心臓疾患

カルニチンは心筋にも多く存在し、心臓の働きをサポートする働きがあります。

そのためカルニチンは、心臓病を患う人の症状改善や、運動能力の向上、さらに心筋梗塞発症後の合併症や死亡率を下げる効果が、様々な研究を通して明らかになってきています。

アルツハイマー病の予防と改善

アルツハイマー病

カルニチンの中でもアセチル-L-カルニチンは、脳内においてアセチルコリンという物質の生成に深く関わっています。

このアセチルコリンは脳の中で様々な情報を伝達する際に必要な物質(神経伝達物質)で、脳内のアセチルコリンが不足すると、悩の働きが悪くなってしまいます。

そのためカルニチンにはアセチルコリンの分泌を促して脳の働きを活発にする作用があり、近年ではアルツハイマー病の予防や改善効果が期待されています。

精子の動きを活発にする

精子

カルニチンには精子の数を増やし、また運動能力を上げる効果があることが、多くの研究で明らかになっています。

そのためカルニチンは不妊症に悩む男性にもよい効果をもたらします。

カルニチンの効果の科学的根拠

カルニチンによる狭心症患者の症状改善

運動誘発性狭心症患者100人にL-カルニチンを経口投与したところ、症状の改善の有効性が確認できた。

詳細:運動誘発性狭心症患者におけるL-カルニチンの治療効果:対照研究

カルニチンによるアルツハイマー病の症状改善

軽度のアルツハイマー病の疑いがある患者に対し、アセチル-L-カルニチンを経口投与した実験において、症状の改善に有効性が確認できた。
詳細:アルツハイマー病患者におけるアセチル-L-カルニチンの1年間多施設プラセボ対照試験

カルニチンによる精子の運動能力向上

不妊症の男性がアセチル-L-カルニチンとL-カルニチンと組み合わせて摂取したところ、精子の運動能が改善した。

詳細:無症候性精子症の男性におけるl-カルニチンとl-アセチル – カルニチンの併用療法のプラセボ対照二重盲検ランダム化試験

カルニチンの副作用

カルニチンには基本的に副作用はありません。

ただ過剰に摂取すると以下のような副作用が稀にあるようです。

  • 悪心・嘔吐
  • 下痢

精力剤の場合は、カルニチンだけを過剰摂取することはあり得ない(副原料なので)ので、精力剤の摂取量を守っておけば問題ないでしょう。

カルニチンの摂取量

カルニチンには公的な機関による摂取量の目安などは定められていません。

カルニチンは国によって摂取する量が異なっており、日本人の場合は1日75mgが平均のようです。

またスポーツをする人では1日300~400mg程度の摂取が推奨されます。

ただ厚生労働省はカルニチンの摂取の上限を定めており、1日最大で1000mgまでとしています。

詳細:「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」の取扱いの改正について 厚生労働省

カルニチンの精力面への効果は?

脂肪燃焼 脂肪燃焼し肥満解消により血流が良くなることが勃起力の回復につながる
精子の働きを活発化 精子の運動率を上げる効果があるため精力面への効果がある

カルニチンの効果は精力面へ大きな効果が期待できる、という世間的な認知はないですが、その効果が期待できます。

特に、勃起は海綿体(血管の集合体のようなもの)へ血液を集めて発生している現象なので、血糖値を下げ血液の健康状態を良好に保つことが、勃起力回復につながります。

また、精子の運動率が上がることで妊活に悩む男性に持って来いの成分といえますね。

精力剤を探してみる

カルニチンが精力剤に含まれている理由は?

精力剤にカルニチンが使われているのは、精力剤の原材料として利用される植物にカルニチンが含まれている場合が多くあります。

マカ パーフェクトフードと呼ばれ18種類のアミノ酸が含まれている植物。アミノ酸だけでなく亜鉛も豊富で、男性ホルモンの分泌向上を助け総合的な精力アップや妊活にも利用される。

精力剤の原材料に非常によく使われるマカにはカルニチンが入っているため、精力剤を摂取していると自然とカルチニンが補給できます。

マカ含有の精力剤を探してみる

まとめ

なえなえ君なえなえ君

カルニチンはアミノ酸の一種で精力アップ効果も期待できるんですね。

カルニチンだけを摂取する機会は少なそうですが、マカで一緒に摂取してみたいと思います!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

カルニチンは精力アップはもちろん、健康にも欠かせないアミノ酸だからね!

精力剤で一緒に摂取できると効果的だから積極的に取り入れていこうね!