なえなえ君なえなえ君

精力剤を探しているとヒスチジンって言葉を目にすることがあるんですが、どんな効果があるんでしょうか。

やっぱり、精力アップに効果的な成分なんでしょうか?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

ヒスチジンは精力剤にも利用されていることがあるね!

どんな効果があるものなのか、詳しく解説していくよ!


ヒスチジンとは?

ヒスチジン

ヒスチジンは必須アミノ酸の1つで、カツオやマグロなどの青魚に多く含まれています。

ヒスチジンは子供は体内で合成できないのですが、大人になると体内で合成できる、特殊な必須アミノ酸です。

そのためる子供の時は食べ物などから十分に摂取しておかないと、成長に影響がでるので注意が必要です。

また大人においてもヒスチジン不足すると、体内の窒素バランスが崩れ神経障害や貧血などを引き起こします。

そのヒスチジンの大きな役割としてまず挙げられるのは、体内においてヒスタミンという物質の原料になるという点です。

ヒスタミンと聞くとまずアレルギーの原因と思われがちですが、ヒスタミンには血管を広げて血圧を下げる働きがあります。

またヒスタミンには脳内の神経伝達物質としての役割があり、特に空腹時の食事行動に大きく関わっていることから、食欲を抑える効果が近年は注目を集めています。

そのほかにもヒスチジンには紫外線による皮膚への影響を軽くする働きがあったり、また血液を作るうえでも必要なアミノ酸でもあります。

それではヒスチジンが具体的にどのような効果をもたらすのか、詳しくみていきましょう。

ヒスチジンの効果

では、ヒスチジンにはどんな効果があるのでしょうか?

  • 発育・成長を促す
  • 貧血の予防
  • 不安やストレスを緩和する
  • シミ・ソバカスの予防
  • 食欲を抑える(ダイエット効果)
  • 性的エネルギーを高める

ヒスチジンの効果はヒスチジンから作られるヒスタミンの効果によるものが多いのですが、ヒスタミンは食べ物で取り入れても、直接脳で働くことができません。

そのためヒスチジンを取りいれることで、体内でのヒスタミン合成を促すことが重要になります。

精力剤を探してみる

それでは、それぞれの効果についてもう少し詳しく解説していきましょう。

発育・成長を促す

成長
ヒスチジンは体の成長や発育は欠かせないアミノ酸です。

特に子供においては体内でヒスチジンを合成することができないため不足しやすく、食べ物などから積極的に摂りいれることが必要です。

貧血の予防

貧血

ヒスチジンは血液を構成する赤血球は白血球を合成する際に必要な栄養素です。

そのためヒスチジンには貧血を予防する効果が期待できます。

不安やストレスを緩和する

不安・ストレス

ヒスチジンには神経機能を補助する働きがあり神経活動を保護する効果があります。

またヒスチジンから作られるヒスタミンには神経伝達物質としての役割もあり、気持ちを覚醒させ不安を和らげる効果があります。

シミ・ソバカスの予防

シミ・そばかす

ヒスチジンには紫外線の刺激から皮膚を守る働きがあります。

そのためヒスチジンはシミ・ソバカスを予防する効果が期待できます。

食欲を抑える(ダイエット効果)

ダイエット
脳内でヒスタミンが不足すると食欲が増進し、反対にヒスタミンが十分であると食欲が抑制されることが様々な研究で明らかになっています。

またヒスタミンには脂肪細胞を刺激して、脂肪燃焼を促す作用があります。

そのためヒスタミンの原料であるヒスチジンには、ヒスタミンの合成を促すことによるダイエット効果が期待できます。

性的エネルギーを高める

性的エネルギー
ヒスチジンはオーガズムを感じたり、射精をするのに必要な栄養素です。

よくアレルギーの薬を服用すると勃起しにくくなったり、射精しにくくなると言われますが、これは抗ヒスタミン薬によりヒスタミンの作用が抑えられるからです。

そのためヒスチジンは精力剤にも含まれており、性的エネルギーを高める効果が期待できます。

ヒスチジンの効果の科学的根拠

ヒスチジンには科学的な研究・論文があるので一部をご紹介しておきます。

ヒスチジンによる不安の改善効果

通常食と低ヒスチジン食を与えたラットの実験では、低ヒスチジン食のラットの方に不安様行動が増加した。

詳細:不安の改善には食事による十分なヒスチジン摂取が有効

ヒスチジンのダイエット効果

中年肥満女性の減量プログラムにおいてヒスチジンを摂取したところ、摂食抑制や脂肪分解の促進の可能性が示唆された。

詳細:ヒスチジン摂取が中高年肥満女性の減量に及ぼす影響

ヒスチジンの副作用

ヒスチジンは体内に存在するアミノ酸なので、基本的に副作用はありません。

ただヒスチジンはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの原料となるアミノ酸なので、過剰に摂取するとかゆみや蕁麻疹を起こすので注意しましょう。

またすでに喘息やアトピーなどがある人や、アレルギー体質の人は摂取を控えてください。

ヒスチジンの摂取量

厚生労働省が推進するメチオニンの1日の摂取量は、体重1kgあたり10mgです。

またWHOの指針では、成人1日あたり500~700mgとされています。

【詳細】

精力剤を探してみる

ヒスチジンの精力面への効果は?

射精に必要な栄養 射精時に必要な栄養として知られているヒスチジンは、遅漏や射精障害対策に有効

ヒスチジンは男性の射精時に消費されるアミノ酸なので、射精がうまくいかなくなってきた、膣内で射精ができないなどのED症状対策として有効な栄養といえますね。

精力剤を探してみる

ヒスチジンが精力剤に含まれている理由は?

精力剤にヒスチジンが使われているのは、精力剤の原材料として利用される植物にヒスチジンが含まれているからです。

マカ パーフェクトフードと呼ばれ18種類のアミノ酸が含まれている植物。アミノ酸だけでなく亜鉛も豊富で、男性ホルモンの分泌向上を助け総合的な精力アップや妊活にも利用される。

ヒスチジンは精力剤に良く利用されている「クラチャイダム」「マカ」に含まれています。ヒスチジンだけでなく、精力アップに効果的だといわれているアルギニンや亜鉛も一緒に摂取できるため、相乗効果で精力アップがより一層期待できます。

クラチャイダム含有の精力剤を探してみる
マカ含有の精力剤を探してみる

まとめ

なえなえ君なえなえ君

ヒスチジンはアミノ酸の一種で精力アップ効果も期待できるんですね。

ヒスチジンだけを摂取する機会は少なそうですが、マカやクラチャイダムで一緒に摂取してみたいと思います!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

ヒスチジンは精力アップはもちろん、健康にも欠かせないアミノ酸だからね!

精力剤で一緒に摂取できると効果的だから積極的に取り入れていこうね!