なえなえ君なえなえ君

精力剤を探しているとロイシンって言葉を目にすることがあるんですが、どんな効果があるんでしょうか。

やっぱり、精力アップに効果的な成分なんでしょうか?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

ロイシンは精力剤にも利用されていることがあるね!

どんな効果があるものなのか、詳しく解説していくよ!


ロイシンとは?

ロイシン

ロイシンはアミノ酸の一種ですが、アミノ酸の中でも必須アミノ酸に属しています。

必須アミノ酸とは私たちの体をつくるアミノ酸20種類の中でも、必要な量を体で作ることのできないアミノ酸なので食べ物などからと入れなければならないアミノ酸です。

その中でもロイシンは、同じく必須アミノ酸であるイソロイシン、ロイシンの3つと合わせてBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれています。

ロイシンを含むBCAAは筋肉を構成するタンパク質の主成分であり、その中でも特にロイシンは筋肉中で最も高い割合を占めています。

BCAAの最大の特徴は、筋肉のエネルギー源として最も利用されるアミノ酸であることです。

そのためアスリートにとってBCAAは欠かせない栄養素で、マラソン選手の水分補給の中にもBCAAが含まれているんです。

そしてBCAAの中でも特にロイシンはタンパク質の合成を活発にすることがわかっており、筋肉を修復したり、筋力低下を予防することができます。

ロイシンには他にもまだたくさんの効果があります。

実際にどのような効果があるのか、さっそく見ていきましょう。

ロイシンの効果

では、ロイシンにはどんな効果があるのでしょうか?

  • 運動能力の向上
  • 筋肉を強化する
  • 肝臓を強くする
  • 血糖値を下げる
  • ストレスの解消
  • 体の成長を促す
  • 育毛効果

ロイシンの働きの中でも特に注目すべきなのは、タンパク質の合成をコントロールする特異的な役割を持っていることです。

そのため強い体を作るうえで、欠かせないアミノ酸なのです。

精力剤を探してみる

それでは、それぞれの効果についてもう少し詳しく見ていきましょう!

運動能力の向上

運動能力向上

多くのアミノ酸は主に肝臓で代謝されエネルギーを作り出しますが、ロイシンを含むBCAAは主に筋肉で代謝されます。

つまりロイシンは直接筋肉に働きかけるエネルギー源であり、筋肉の動きを活発にします。

そのためロイシンは運動パフォーマンスを高める効果が高く、アスリートには欠かせないアミノ酸です。

筋肉を強化する

筋肉強化

ロイシンにはタンパク質の分解を抑える効果とタンパク質の合成を促す働きがあります。

この働きによって筋肉の損傷を回復させ、筋肉を強くする効果が期待できます。

肝臓を強くする

ロイシンには肝臓の機能を高める効果があります。

肝臓には約500種類の働きがあり、アミノ酸をはじめ糖や脂肪などのあらゆる栄養素が肝臓で代謝されます。

そのため肝臓の機能が低下すると、体に様々な影響を及ぼします。

特に疲労と肝臓には密接な関係があり、ロイシンには肝機能を高めることで疲労回復にも効果が期待できます。

血糖値を下げる

血糖値

ロイシンにはインスリンというホルモンの分泌を促進することがわかっています。

そしてインスリンには血糖値を下げる効果があり、糖尿病患者にも広く応用されています。

そのためこのロイシンの働きを糖尿病の改善に活かせないか、現在研究が進められています。

ストレスの解消

ストレス解消

ロイシンにはエンドロフィンと呼ばれる脳内物質と似た作用を持っています。

このエンドロフィンは苦痛やストレスによる体の反応を和らげ、体をリラックスさせる効果があります。

そのためロイシンにもストレスを緩和させる効果が期待できます。

体の成長を促す

成長

先にも述べたように、ロイシンにはタンパク質の合成を促す効果があります。

私たちの体は作る成分の多くは水分ですが、その次に多いのがタンパク質で体の約2割を占めています。

そのためロイシンによってタンパク質がたくさん作られると、体の成長を促す効果が期待できます。

育毛効果

育毛

髪の毛の主成分であるケラチンは多くのアミノ酸から作り出されるタンパク質です。

ロイシンもケラチンになるアミノ酸の1つであることと、ロイシンはタンパク質の合成を促すことから、育毛効果が期待できます。

ロイシンの効果の科学的根拠

ロイシンの筋肉修復効果

ロイシンを含むBCAAを激しい運動前に摂取すると、筋肉痛を減少する効果が見られた。

詳細:エクササイズによって誘発される筋肉損傷は、分岐鎖アミノ酸によって抵抗訓練された男性において減少する:無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験

ロイシンの肝臓における効果

ロイシンを含むBCAAは進行肝硬変の治療に有益な効果が期待できる。

詳細:進行肝硬変における分枝鎖アミノ酸による栄養治療

ロイシンの躁病に対する効果

ロイシンを含むBCAAを躁鬱患者が摂取すると、6時間ほど症状が緩和した。

詳細: 躁病における分岐鎖アミノ酸飲料の効果。

ロイシンの副作用

ロイシンは適切な量を守れば副作用はありません。

ただメープルシロップ尿症の患者さんの場合、けいれんや身体的、精神的な発育遅延が見られる場合があるので摂取は控えたほうが良いでしょう。

また過剰に摂取すると、以下のような副作用があります。

  • 免疫力の低下
  • 体重の減少

ロイシンの摂取量

厚生労働省が推進するロイシンの1日の摂取量は、体重あたり1kgあたり39mgです。

アミノ酸自体は体の中でも生成されるものなので、よほど過剰に取らない限り体に害はありませんが、一応の目安は成人男性では、おおよそ2~2.5gほどの摂取量になります。

詳細:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)

ロイシンの精力面への効果は?

運動能力の向上 セックスも運動なので持久力や体力向上効果が期待できる
血糖値を下げる 勃起力は血流状態に依存する問題なので血糖値を下げることが勃起力向上につながる

ロイシンの効果は精力面へ大きな効果が期待できる、という世間的な認知はないですが、祷文にその効果が期待できます。

特に、勃起は海綿体(血管の集合体のようなもの)へ血液を集めて発生している現象なので、血糖値を下げ血液の健康状態を良好に保つことが、勃起力回復につながります。

精力剤を探してみる

ロイシンを補給できる精力剤は?

精力剤にロイシンが使われているのは、精力剤の原材料として利用される植物にロイシンが含まれているからです。

クラチャイダム ロイシンを含む13種類のアミノ酸を含む。特に血管拡張効果が高いアルギニンが豊富に含まれていて、勃起力・ED・中折れなどに効果的な精力剤として注目。
マカ パーフェクトフードと呼ばれ18種類のアミノ酸が含まれている植物。アミノ酸だけでなく亜鉛も豊富で、男性ホルモンの分泌向上を助け総合的な精力アップや妊活にも利用される。

ロイシンは精力剤に良く利用されている「クラチャイダム」「マカ」に含まれています。ロイシンだけでなく、精力アップに効果的だといわれているアルギニンや亜鉛も一緒に摂取できるため、相乗効果で精力アップがより一層期待できます。

クラチャイダム含有の精力剤を探してみる
マカ含有の精力剤を探してみる

まとめ

なえなえ君なえなえ君

ロイシンはアミノ酸の一種で精力アップ効果も期待できるんですね。

ロイシンだけを摂取する機会は少なそうですが、マカやクラチャイダムで一緒に摂取してみたいと思います!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

ロイシンは精力アップはもちろん、健康にも欠かせないアミノ酸だからね!

精力剤で一緒に摂取できると効果的だから積極的に取り入れていこうね!