なえなえ君なえなえ君

最近精液の量が減った気がします。

射精してもイマイチ爽快感がないんです・・・。


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

精液の量が減っているとセックスの爽快感だけじゃなくて人体機能まで不安になってくるよね。

何で減ってしまったのか、どんな対策ができるのか一緒に見ていこう!

大量射精を実現する!精子・精液を増やす方法!

どうやったら精液・精子は増やせるのでしょうか?

  1. 適度な飲酒・禁煙
  2. 男性ホルモンの分泌量アップ
  3. 睾丸をリラックスさせる
  4. 精液・精子が増える食事をとる

簡単に言ってしまえば「規則正しい生活を送ることが大量射精を実現するコツ」です。

「でも、そんなことできたら苦労しない」

ですよね?

そこで私がおすすめしたいのが「精力剤」です。精力剤だったら2と4を簡単に実現してくれますからね!実は2を実現しようと思うと、かなり大変で「筋トレ・睡眠・趣味を持つ・・・」とか、とても実現できそうのないことばかりです。

でも、精力剤だったら毎日飲むだけでOKなので、変な苦労とかものなく大量射精を実現でき茶んですよ。

ドバドバ射精できる精力剤を探してみる

じゃあ、どれほど他のことを実現するのが大変なのか、もうちょっと詳しく見ていきましょうか!

①適度な飲酒・禁煙

適度なお酒
飲酒と喫煙が精液・精子に悪影響を与える話はさせていただきました。つまり、その逆のことを行えば精子・精液が健全な状態になり大量射精も夢じゃなくなるのです。

とはいえ、お酒もタバコも悪いことばかりではありませんね。仕事のストレスをお酒やタバコで発散しているという方も多いのではないでしょうか。

そのため、お酒もタバコも絶対に禁止、というわけではありません。あくまでも、適量にすることが大切です。

では、どれくらいがいいのか?

  • お酒:二日酔いにならない程度
  • タバコ:1日10本以下

お酒もタバコも体質があるので、絶対的な目安量を決めるのが難しいですが、これくらいを目安にして適度な付き合いをしてみてはいかがでしょうか。

②男性ホルモンの分泌量アップ

男性ホルモン分泌量アップ
男性ホルモン(テストステロン)の分泌量は年とともに低下するとはいえ増やす方法もあります。

  • 筋トレ・運動
  • 日光浴をする
  • 興味関心を持つ
  • 趣味を持つ
  • ストレスをためない
  • 恋をする
  • よく睡眠をとる

代表的な男性ホルモン(テストステロン)分泌量アップ方法です。他にもいろいろありますが、はっきり言ってかなり大変なので覚悟して取り組みましょう!

参考:テストステロンとは?役割・分泌アップ法の解説!

③睾丸をリラックスさせる

リラックス
睾丸の締め付けが精子・精液に悪影響を与えるため、睾丸を締め付けずにリラックスさせることが精液・精子の量を増やす方法になります。

締め付けるようなパンツをはいたり、自転車に乗るのを控える(立ちこぎする)などの対策と同時に、毎日睾丸のマッサージをしてあげましょう。マッサージをしてあげると睾丸の血流が良くなり栄養が届きやすくなります。

睾丸は精子の生産工場ですが原材料(栄養)がなければ作ることができません。栄養は血液に乗って届くので、マッサージをしてあげることで精子の生産能力アップが見込めます。

睾丸のマッサージは難しく考える必要はなくて、痛くないように優しく掌で睾丸を包み転がしてあげるだけでOKです。

④精液・精子が増える食事をとる

食事
精液・精子の生産にはもちろん栄養が必要で、食事から摂取する必要があります。どんな食事・食材が精子・精液に効果的なのかは、以下の記事を参考にしてください。

参考:精力がつく食べ物15選

特に精液・精子に必要な栄養素が亜鉛です。亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるほど本当に精液・精子とは切って離せないですからね。

参考:亜鉛の効果とは?

やっぱり精力剤が手軽

どうでしょうか?実現出来そうでしょうか?

これまでご紹介した内容を、実現することができれば大量射精は目の前です。確実に効果を発揮してくれると思います。

「でも、実現できなければ効果なんてない」

です。なので、本当に自分が出来そうなことを選んで、毎日続けることが大量射精への第一歩ですね。

ドバドバ射精できる精力剤を探してみる

でも、本当にこれだけの対策でいいのか分からないな、と思う方は大量射精できない理由も確認しましょう!

大量射精ができない!精子・精液が少ない原因とは?

何故、精子・精液が減ってきてしまっているのでしょうか?なんで自分ばっかり・・・と思いますよね?

どこかに思い当たる原因があるはずです!

①男性ホルモン(テストステロン)の低下

男性ホルモンの低下
男性機能全般をコントロールしているのが男性ホルモン(テストステロン)といってもよいでしょう。男性ホルモン(テストステロン)は25歳をピークに分泌量が減っていく言われていて、年とともに性欲や精力が減るのは男性ホルモン(テストステロン)分泌量が減ってしまっているからです。

男性ホルモン(テストステロン)は精子・精液の生産にも大きくかかわっているので、年齢とともに精子・精液が減ってしまうのはある程度仕方ないこととです。

②喫煙

タバコ
喫煙は百害あって一利なしといいますが、精液・精子にも悪影響を与えています。

タバコを吸うと活性酸素という非常に酸化力の強い物質を生産します。活性酸素は体内の細胞を酸化することで破壊し、体内の老化を進める非常に危険な物質おいわれています。

活性酸素が傷つけるのは細胞だけでなく、ビタミン類の破壊も行いますし、精子の破壊も行うとも考えられています。精子は体内の栄養素を元に生産されているので、栄養破壊されれば精子の生産量も落ちるので、全く良いことはありません。

アメリカ・ノースキャロライナ大学の研究では喫煙者は非喫煙者よりも15~24%も精子が少ないということが分かっています。

③大量飲酒

お酒
飲酒によりが精液の質が低下することが分かっています。飲酒をすることにより、体内ではお酒の解毒を肝臓で行うことは有名ですが、その際に「亜鉛」を大量消費しています。

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるほど、精子・精液に関連するミネラルであり、精子の生産には欠かせない成分です。お酒により亜鉛を浪費することが、精子・精液量を低下させる原因になってしまっているんですね。

参考:亜鉛の効果とは?

男性の酒好きが不妊の原因になっている可能性が示された。南デンマーク大学医学・健康科学部のTina Kold Jensen氏らは、18~28歳の健康な男性約1,200人について調査した結果、飲酒量がエタノール換算で週60グラムを超えると、妊娠に影響する精液の質が低下したと、10月2日発行の英医学誌「BMJ Open」(2014; 4: e005462)に報告した。エタノール60グラムは、ビールだと中瓶3本(1,500ミリリットル)、日本酒だと3合(540ミリリットル)、ワインだと4分の3本(約540ミリリットル)、缶チューハイだと4.5本(約1,570ミリリットル)に相当する

出典:あなたの健康百科

飲酒量と精液についての研究論文ですが、飲酒量が多いほど危険ということが示されています。

④睾丸(金玉)の締め付け

締め付け
睾丸(金玉)は精子の生産工場です。生産工場の健康状態が悪ければ生産能力は落ちてしまいます。

特に睾丸を締め付けることで精子の生産が減ることが分かっているので「ブリーフ」「タイトなボクサーパンツ」を愛用している方は危険です。最近はブリーフはダサいというイメージが定着したので履いている方は少ないですが、ボクサーパンツはピッチピチのものをはいているませんか?

タイトなボクサーパンツの方が何となく「セックスシンボル」のようなイメージがあるのですが、実は逆だったんです。

また、下着だけでなく最近流行している自転車も危険です。特にロードバイクなどのサドルが硬いタイプの自転車を長時間乗るのはやめた方がいいですね。

健康のために自転車を始める人も多いですが、睾丸を圧迫しているので、適度に立ちこぎなどを取り入れないと精液・精子が減少してしまうかもしれませんよ。

精液の量はどれくらいだと多い?少ない?

精液の量が減少していると感じていても、本当に自分の精液量が減っているのかってよくわからなかったりしますよね?どれくらいだったらいいのか?

日本人の年齢別平均精液量

どれくらいの量?
かの有名なWikiに射精時に精液量が記載されています。

射精液の液量は平均3.5ミリリットル、ティースプーン程度だが個人差も大きく、約0.2 – 6.6ミリリットルと幅がある。数滴しか出ない場合や逆にこれを超える例もあり、長期間射精しなかった場合13ミリリットルに達することもある[3]。射精後、精嚢に精液が満たされるのに2 – 3日間かかるため、前回との射精間隔が2 – 3日未満だとその液量は少なくなる。

出典:https://ja.wikipedia.org/

大体3.5ml程度が平均だそうですが、実際にどれくらいなのかわかりませんね。

私自身はちょっと気になったので、コンドームに入れた精液を測ってみましたが、およそ3.2ml程度と平均より少なめで、ちょっとショックでした。42歳という年齢と、コンドームの中の精液がすべてとり切れなかったのだ、と自分自身に言い訳をしています。

3.5mlは大体スプーン1杯分程度なので、気になる方はオナニーしたときにスプーンにうまく出してみましょう。

どれくらいの精液量だったら問題ないのか?

射精量が減ってきたとなると、少し怖くなってくるのが体の状態が健康的なのかどうかです。本当に健全な精子を生み出すことができていないなら、どこか体が悪いんじゃないかと気になってしまいませんか?

ただ、安心してほしいのが精液量は1.5ml程度あれば十分に健康的だといえるということです。

また、精液の生産には2日~3日程度はかかるので、抜いた次の日は精液量が少なくても当然といえます。

どうしても自分の精液が健全なのかどうか気になる方は、以下で精液検査の基準が公開されています。

参考:http://e-dansei.com/inspection-meaning/semen-analysis.html

女性は大量射精を望んでいる?大量射精の効果って?

大量の射精は男性にとっての喜びです。でも、女性って大量射精をどのように感じているのでしょうか?

気持ちよかったことの表れと感じる

気持ちよかった
大量射精は女性にとって、とてもうれしいと感じるようです。少なくても、私の経験談からはそういえます。

大量射精したときは女性側が明らかに喜んでいるんですよね。

「いっぱい出たね」
「溜まってたの?」
「凄い量だね」

言葉尻に♪マークがついたようなトーンで話してくれます。

大量射精で何故女性が喜ぶのかというと、女性は少なからずセックスに対して「不安を感じている」からでしょう。男性にとってセックスはAVで見慣れたものなので、どんなものなのか、他の人の反応がどうなのか、よく知っている(映像上は)ものです。

一方、女性はAVなどを見ないため自分の経験談や友達の体験談からしか情報を得られません。

そのため、セックスのやり方を模索しながら生きているんですね。

ある意味、性に対しての知識が男性よりも劣っている女性は男性の性に対して疑問を感じています。

「本当に気持ちいのかな?」
「私にちゃんと欲情してくれているのかな?」
「私とセックスしていて楽しいのかな?」

こんな疑問を持っているんです。

そんな疑問を解消してくれるのが「勃起」と「射精」です。女性は勃起していることで「私に対して興奮してくれているんだ・女性として魅力的に感じているんだ」と判断し「射精によりセックスに満足感があったこと」を確認しています。

そのため、射精した精液が少なければ女性は不安に思ってしまいます。

「私とのセックスに飽きたんじゃないのか?」
「気持ちよくなかったんじゃないのか?」

大量射精が持つ意味は本当に大きいんです。男の快感だけじゃなくて次のセックスにつながるかどうか、にもつながるんですね。

少量射精のセックスを繰り返しているとパートナーの女性としての自信を傷つけ、知らず知らずに避けられてしまうかもしれません。

【見切られる前に!】ドバドバ射精できる精力剤を探してみる

まとめ

なえなえ君なえなえ君

精液が少ないと女性にも良く思われていないんですね。

あまり考えたことがなかったので、ビックリしました。

栄養を摂って精液を増やしたいですけど、続けるのが大変そうなので精力剤がいいですかね?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

精液って女の人も実は気にしているんだよ。

増やすには栄養補給や筋トレなどの健康面を考えた生活が効果的だけど、精力剤はとても手軽だからおすすめだね!