ぎんぎん先生ぎんぎん先生

男の性欲は年齢とともに落ちていくのが普通だけど、男たるものそのまま見過ごすのは悲しいですよね?

そこで、性欲アップに効果的な方法を21個紹介していきますよ!


男の性欲を増やす方法21選

性欲アップに効果的な方法をご紹介していきましょう。これができれば、あなたも生涯現役です。

①亜鉛を摂取する

亜鉛
セックスミネラルと呼ばれるほど性欲とは切っても切り離せないのが亜鉛です。亜鉛は普段食べている食事から摂取が難しく不足しやすいミネラルです。

亜鉛が多く含まれている食材として有名なのが「牡蠣」「うなぎ」ですね。うなぎパイが夜のお菓子として有名なのがうなぎに含まれている亜鉛が由来になっています。

参考:亜鉛の効果とは?

②ビタミンE・ミネラルを取る

食事
男性ホルモン(テストステロン)の生産に特に必要な栄養といわれているのがビタミンEとミネラル類全般です。亜鉛もミネラルの一種ですが、あえて別にしているのは亜鉛が最重要ミネラルといえるからです。

ビタミンEには活性酸素という細胞を酸化させ老いの促進をする物質への対抗力(抗酸化作用)にも優れて物質です。若々しい体は性欲の助けにもなるので、摂取効果が非常に高いといえるでしょう。

③カカオを食べる

カカオ
カカオに含まれるフェネルチアミンには脳内の快楽ホルモン(PEA)の分泌を助ける力があるといわれていて、媚薬ホルモンなんて一部では呼ばれています。媚薬とは惚れさせる力のある薬として都市伝説のような位置づけで語られますが、体の中で幸せを感じる効果は確実にあると言えそうです。

チョコレートを一緒に食べている女性を好きになる・・・って経験はありませんが、快楽ホルモンの効果でストレス軽減効果も期待できます。

イライラしたときに甘いものを食べて落ち着く要因の一つとも言えますね。

④タバコを控える

タバコ
タバコを吸っていて性欲に良いことはありません。タバコが与える害はニコチンによるビタミン破壊、血管の収縮、活性酸素による体内の老化などがあげられます。

性欲が湧くためには男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が関係しますが、タバコはホルモンの生成を阻害する要因になってしまいます。

また、性欲とは少しはなれば部分ですが、血管の収縮効果は勃起に悪影響を与えます。勃起はペニスに血液が流れ込んで発生している現象なので、血管収縮し血液の流れが悪くなれば、当然勃起もしにくくなります。

完全に勃たなくなるEDや勃起はするものの硬さを維持できない中折れなどの原因にもなるので、健全なセックスライフを送れなくなってしまします。

参考:ED・勃起不全の3つの症状と原因と対策
参考:中折れの原因と対策

⑤お酒を飲み過ぎない

お酒
適度なお酒は性欲を増長する効果があることは体感したことがあると思います。お酒の勢いでつい関係を持ってしまったこともあるのではないでしょうか。

恥ずかしながら私は若い時にお酒の勢いで、全く興味のない女の寝てしまったことがあります。記憶は全くなかったものので激しい後悔を・・・

お酒によって性欲が増長するのは脳神経を麻痺させて正常な感情を麻痺させているからです。しかし、飲み過ぎると逆に麻痺した神経が正常に指令を出せなくなり、勃起しにくくなる、なんてことも引き起こします。

お酒の後のセックスは何だかペニスの感度が悪いな、と感じたことありますよね?お酒に酔って神経麻痺を起こしている証拠です。

お酒はその場限りの性欲の増減や、勃起に影響を与えるだけでなく、お酒の解毒に亜鉛やビタミンを大量消費するため、根本的な性欲減退を招きます。せっかく摂取した亜鉛やビタミン類も解毒で使っていては性欲アップにはつながらなくなるので、適度なお酒を心がけましょう。

⑥朝オナニーする

朝方
オナニーはいつしているでしょうか?出勤前の朝にオナニーするという人は少数派かもしれませんが、実は朝の方が効果的だといわれています。

朝オナニーすることで気分がすっきりする、という効果もありますが、エッチなことを考えることで、脳がホルモン分泌を促すのに効果的だという見解が出ています。

⑦勉強し過ぎない

勉強
勉強のし過ぎで知識を習得することが欲求を満たしてしまい性欲を減退させるといわれています。性欲は分かりやすい欲望の一つですが、何かの欲望が満たされるとその分他の欲望が減退するという見解です。

眠い時に性欲が湧いてこないように、満腹の時に性欲が湧いてこないように、知識にも欲望を満たす効果があるということですね。人間の奉納的な欲望ではなく、社会で生きていくうえでの欲望として生まれたものが、知識欲となります。

⑧PC/スマホを控える

スマホ
PCやスマホから出るブルーライトは近年注目を集めていますが、精子にも悪影響が出る可能性が指摘されていますね。

ブルーライトを浴びていると単純に目が疲れる、というのは多くの人が経験していることではないでしょうか?

私もついついスマホゲームに熱中してしまい、時間を浪費してしまいますが、スマホゲームを辞めた後の目の疲れはかなりのものです。熱中し過ぎるとたまに頭痛を起こしてしまします。

疲れは性欲にも直結する部分で、疲れがたまっていては勃つものも勃ちません。

⑨よく睡眠をとる

睡眠
睡眠をとることには疲れをいやす効果だけでなくホルモン分泌を促進する効果があります。だからといって、睡眠時間を単純に伸ばせばよいわけではありません。

睡眠時間は人によって適切な時間があると考えられていますが、多くの人は「6時間~8時間」がベストと考えられています。

  • 1割の人:長時間睡眠があっている(8時間以上)
  • 1割の人:短時間睡眠があっている(6時間以下)
  • 8割の人:6時間~8時間

また、睡眠時間だけではなくいつ寝ているかも重要です。ゴールデンタイムといわれている「22時~2時」の間に熟睡しいていることがホルモン分泌を促し効果的な睡眠になると考えれていますね。

ホルモン分泌はもちろん「男性ホルモン(テストステロン)」の分泌量アップにも効果的です。性欲の根源は男性ホルモン(テストステロン)なので、良い睡眠をとり性欲アップを狙いましょう。

⑩金玉を締め付けない

金玉の締め付け
金玉(睾丸)は精子の生産工場であり男性ホルモン(テストステロン)の生産工場にもなっています。金玉を締め付けてしまうと精子や男性ホルモン(テストステロン)の生産能力を低下させてしまい、性欲減退の引き金になってしまいます。

金玉を締め付ける行為とは何なのかというと「ブリーフをはく」「ぴちぴちのボクサーパンツをはく」「長時間自転車に乗る」などの、何気ない日常生活で発生している行為です。

ぴちぴちのボクサーパンツはセックスシンボルのようなイメージも強いですが、実は金玉を痛めつけていて性欲を減らしてしまう原因です。

金玉を締め付けることで、金玉に血液が流れにくくなり精子やホルモンの原材料が減ってしまいます。そのため、締め付けをしないだけでなく金玉のマッサージをしてあげるのも有効な対策です。

マッサージしてあげることで血行が良くなり栄養供給が良くなることで性欲向上効果が期待できます。

⑪ストレス発散

ストレス発散
ストレス発散は性欲に効果的ですし健康にも効果的です。特に性欲は精神的な理由で大きく左右されます。

例えば、仕事で怒られて帰ってきた日セックスしようと思わないですよね?

まあ、逆に怒りの感情が強い場合はやけくそで抱きたくなる場合もありますが、仕事に失敗してストレスがかかり疲れ切っているときにセックスしたくなることはあまりないと思います。

性欲は気分によって本当に左右されることなのでストレスの影響は甚大です。常にストレスがかかっている状態だと性欲が湧かない体になっていくので、発散させる方法を常に持ってい置くことは非常に重要です。

特に趣味も何もないという方でも、例えば「たまにはおいしい焼き肉を食べに行く」「飲み会に行って発散する」「カラオケで大声を出す」など、何気ないストレス発散方法を実践するだけでも、全然違ってきます。

⑫恋をする

恋をする
恋をすることで男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が上がるといわれています。恋をすると女性はきれいになる、という理屈と一緒ですね。

女性の場合は恋をすることで女性ホルモンの分泌が上がり、女性ホルモンの効果で肌につやが出たりするため綺麗になるといわれていますが、男の場合も同じです。

恋をすることで男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が上がり性欲アップはもちろんのこと、筋肉もつきやすくなったり、やる気が出てきたりします。男性ホルモン(テストステロン)は男の活力の源となっているんです。

参考:テストステロンとは?役割・分泌アップ法の解説!

とはいえ、「妻がいるから恋なんて・・・」「彼女と長いから恋心は・・・」「女の人が周りにいない・・・」なんて悩むかもしれません。

そんな人でも大丈夫です。何も本物の恋をする必要はなくて、あくまでも恋した気持ちを持っていればいいんです。

例えば、憧れの芸能人との妄想デートを楽しんでみたり、初恋の彼女との再開を妄想してみたり、リアルで出来ないことでも想像力を膨らませて楽しむだけでも十分な効果があります。

参考:妄想デートしたい童顔アイドル10選

⑬エロいことを常に考える

エロいこと
エロいことを考えることも男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップに効果的なことです。恋をするのと似た理由ですね。

ホンマでっかTVで脳科学の専門医「澤口先生」も、スポーツの試合前は「ちょっとだけエッチなことを考えるのが良い」と述べていました。

その理由は、エッチなことを考えると男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し闘争心を奮い立たせるのに役立つからとのことです。エッチなことはやましいことという日本の文化がありますが、実はエッチなことを考えると男性本能をくすぐり良い効果しかありません。

エッチなことを考えるような性欲がないから困っていると思うかもしれませんが、無理やりにでもエッチなことを考える習慣を身につければ、性欲も自然と上がっていきます。

⑭筋トレする

筋トレ
筋トレは男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップを促します。筋肉は男性の方が女性よりも発達しやすいのは男性ホルモン(テストステロン)のおかげであり、筋肉を強化するのは男性ホルモン(テストステロン)役割でもあります。

男らしい体つきを作るのに欠かせない男性ホルモン(テストステロン)は、筋肉が鍛えられていると感じるときには分泌量がアップします。

筋骨隆々の体つきの男性は性欲が強そうに見えるのも、人間の本能から感じられる感覚なのかもしれませんね。

⑮アロマをたく

アロマ
アロマの効果はリラクゼーション効果です。人によってはストレスの軽減に効果的ですしリラックスできることで疲れをいやす効果もありますね。

性欲が精神状態によって左右されるというお話はすでにしているので、カットしましょう。

ただ性欲よりも精力に関係する話ですが、勃起するときの人間の心理状態をご存知でしょうか。

実は勃起するときは「副交感神経優位(リラックス)」していないと、勃起しないんです。初めてのセックスの時うまく勃起しなくて焦ったことありませんか?

私は挿入失敗しました(笑)

その理由は初めてのことに緊張してしまい「交感神経優位(緊張状態)」になってしまっていたからです。要はリラックスできていなかったので、うまく勃起してくれなかったんですね。

前戯までは勃起してたんですけどね・・・挿入に緊張してしまったというわけです。

⑯日の光を浴びる

日光
日の光を浴びることでホルモン分泌促進効果が期待できます。特に日光浴で特に生成が期待できるホルモンは「セロトニン」といういわゆる幸せホルモンです。

セロトニンは心の安定化を促すホルモンで、気分の落ち込みが激しい「うつ症状」の方はセロトニンの分泌量が足りなくなっている症状です。

心が安定化することで衝動的な欲求が抑えられるため性欲が低くなると思うかもしれませんが、理性の利かない性欲など害にしかありません。むしろ、安定した心は心身のリラックスを生み、恒常的な性欲アップ効果が見込めます。

⑰興味・関心を持つ

興味
興味関心を持ちいろいろなことに挑戦することは男性ホルモン(テストステロン)分泌アップに効果を発揮します。

男性ホルモン(テストステロン)は性欲だけでなく意欲にも関係するホルモンです。

男らしい男は常に新しいことに挑戦する野心的な人だ、なんてイメージも強くないですか?たいていの場合、そういった野心家は性欲旺盛で女性にもモテます。

男性ホルモン(テストステロン)は本能的に女性を引き付ける力があるといわれているので、野心に満ち溢れた男性を女性は本能的に魅力的だと感じるようにできているんですね。

常に何かに挑戦する心を持つことで、男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促すことからモテるだけでなく、性欲アップにも効果的です。

挑戦といっても構える必要はありません。例えば「会社を辞めてIT企業を設立して億万長者になる」なんて行動をすれば、確かに挑戦的ですが出来ませんよね?

別に大それた挑戦をしなくても、新しい分野に興味を持つことだけでも十分に効果を発揮します。「地域のボランティアに参加してみる」「自治体のサークル活動に参加してみる」「異業種セミナーに参加してみる」など、ちょっとしたことでも新しい刺激はもらえます。

常にアンテナを張って、ちょっとでも行動してみることがコツです。

⑱肥満を解消する

ダイエット
肥満は血行不良を引き起こしやすく体の栄養循環が悪くなりホルモン分泌にも悪影響を与えます。ホルモンも栄養を原材料にしてできているので、血の巡りが悪ければ原材料が届かなくなり、生産効率が落ちてしまいます。

肥満解消は日本人の永遠のテーマかもしれませんが「カロリー摂取量を減らし」「カロリー消費量を増やす」ことが基本です。

1日に取るカロリーをできるだけ減らして、適度な運動をする以外の道はありません。

⑲半身浴

半身浴
半身浴は血行を良くする効果が期待できます。肥満解消と理由は同じでホルモンの原材料供給効率をアップさせることが男性ホルモン(テストステロン)の分泌アップにつながり、性欲向上にも効果を発揮します。

半身浴は女性の美容のためというイメージが強いですが、体内から汗を出すことで老廃物を排除する効果も期待できるため美容効果も高いんですね。

老廃物の排除は美容だけでなく、健康面にも効果を発揮するため性欲アップだけではない効果が期待できます。

⑳水分補給をたくさんする

水を飲む
水分補給量を増やすことで、体内デトックスの促進する効果があります。半身浴と非常に似た効果ですね。

老廃物は血液の流れを食い止める働きもあります。つまり血行不良の原因というわけです。

血液の流れが性欲にも重要なことは何度も説明しているので、必要ないですね。

㉑精力剤

精力剤
性欲アップを効率的に実現してくれるのが精力剤です。精力剤は男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やすのに必要な栄養素や、血行促進に効果的な栄養を補給できるものがおすすめです。

性欲アップに効果的な栄養や食品を教えられても毎日摂取のが難しいというのが最大のネックですが、精力剤は粒を毎日飲むだけで簡単に栄養補給できるのが魅力的ですね。

特に摂取したい栄養素はすでに登場した「亜鉛」と血管を拡張する効果が期待できる「アルギニン」です。

参考:亜鉛の効果とは?
参考:アルギニンの効果とは?

私自身も毎日愛用しているので、その効果は実感できていますが性欲面の効果と勃起が硬くなる効果が分かりやすく体感できます。

特におすすめな性欲アップ方法なの?

おすすめの方法はこの3つの組み合わせですね!「エロいことを考える」「朝オナニー」「精力剤」です。

エロいことを考える エロいことを常に考えるという意識は、誰でも簡単にできるのでぜひやってほしい!隣にソコソコ好みの女性がいたらすぐにエロいことを考える癖をつけよう!脳みそから性欲を作り出すことに適した方法!
朝オナニー 朝オナニーをする癖をつけることで体が射精をすることになれ、常に戦闘モードになれる癖をつけておくことが非常に重要!
精力剤 精力剤さえあれば性欲に必要な栄養はほぼパーフェクトに摂取可能!毎日飲むだけなので続けやすいのも非常に良い!栄養改善から性欲を作り出そう!

この3つを行うことで「脳」「体」「栄養」のすべてを満たして性欲を増やすことができます。

性欲が減るのは主に男性ホルモンの影響といわれているものの、その原因は一つではなく体や脳の様々な要素が組み合わさって発生している現象です。そのため、この3つをうまく組み合わせることでほとんどの原因をつぶすことができるんです。

特に栄養は、普段の食事で満たすことはほぼ不可能なので、精力剤などの特化した栄養補給を行う必要があります。食品で性欲を増やそうと思ったら、毎日牡蠣を100g食べなきゃいけない・・・とかいう苦行が必要ですからね。

手軽に性欲を増やす精力剤を探してみる

まとめ

ぎんぎん先生ぎんぎん先生

あなたが実践できそうな性欲アップ方法はいくつありましたか?

私もジムで筋トレをしたり毎日の睡眠・栄養を気を付けるようにはしていますが、やっぱり簡単なのが精力剤だなと感じています。

手軽に続けられるのが魅力ですね。