なえなえ君なえなえ君

40代で性欲がない・・・何だか湧き出てこないんです。

本当は性欲が欲しいという気持ちがあるんですが、どうしたらいいでしょう?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

40代の性欲問題は実はたくさんの人が直面する問題だね。

でも、40代は今なら間に合う最後の時期だよ!何とかできるから諦めないで!


40代男性が性欲を回復する方法

「40代は性欲がなくても仕方ない」

そんなあきらめの気持ちを持っていませんよね?

40代はまだまだ男盛りです。性欲がないなんてそんな寂しい自分を受け入れないでください。

今から対策さえすれば、まだ間に合うんですから!

妻を女として見直そう

妻に恋をする
40代で性欲がないな、と感じているのは妻に恋をしていないからです。

【妻に恋できない理由】

  • 妻のことを女性じゃなくて母親として見てしまうな
  • 若い時の妻の姿比べてしまうとどうしても興奮できない
  • 家族という存在になって性的な対象として見れなくなった
  • 妻のことは大切に思うほど性欲が湧いてこない

40代の夫婦に訪れる問題として、ある種の仕方ない所とも言えますね。一緒にいる時間が長く、同じ空気を吸い続けているとどうしても「女」として妻を見れなくなってしまいます。

あなただけに当てはまる症状じゃなくて、実は20代だって30代だって多くの人が当てはまる症状で、妻や特定の彼女だけに勃起しない症状「妻だけED」なんて言葉もあるくらいですからね。

参考:妻だけEDとは?

性欲がないといってもED症状になるとは限りませんし、現にあなたもEDではないですよね?ただ、性欲がないと感じているだけです。

妻に魅力を感じなくなったことと「女性全般への性欲」というものは残念ながら別物です。そのため、性欲がないのは妻に魅力を感じていないことが直接原因ではないのですが、妻に恋をしていないと「男性ホルモン(テストステロン)」の分泌量が下がってしまいます。

性ホルモン(テストステロン)は恋愛感情を持つことで分泌量が増えていくので、長年恋する気持ちを忘れていると男性ホルモン(テストステロン)が出なくなり、性欲もなくなってくるというのは、人間の体の仕組み的に当然のことなんです。極論、恋をしなければ子孫繁栄機能なんていりませんものね?

ただ、今から妻のことを女性として見直すにはどうすればいいのでしょうか。

【妻に恋をするために】

  • 外でデートをしてみる
  • 一緒にする趣味を見つける
  • ちゃんと会話する
  • 家の中でも身だしなみを整える(お互いに)

また、妻との恋をするためにはいつもと違う「刺激」が必要になります。もう、何年も外でデートらしいことをしたことないって感じていますよね?子供もできると、外に出るのは難しいですし、今更何だかね・・・って思いますよね。

趣味だってなくなっちゃったし、そもそも会話なんてしなくなったな、まあ普通の夫婦ならこうなります。

でも、普通のことをしていたら普通の家庭と一緒で性欲のない夫婦生活になりますよね。

どうしても妻に恋する気持ちを作ることができなそうなら「妄想で芸能人やアイドルに恋をする」というのも男性ホルモン(テストステロン)分泌量アップに効果的な方法です。

重要なのは「恋愛感情」を持つことで、誰に恋をしているかは関係ないからですね。

運動をする習慣を作ろう

運動をする
40代で運動をする習慣を持っている人なんてなかなかいないですよね。30代からは仕事を中心的に回すプレイヤーとしての役割で忙しくなり、40代にもなる管理職としての予算や人員管理で益々忙しくなって、運動をしようなんて余裕は生まれません。

ただ、運動をしていないと性欲がなくなるのは当然なんです。

【運動していないことが性欲に与える影響】

  • 運動をしないことで肥満になり血行不良
  • 血行不良で栄養が回らないからホルモン低下
  • 運動による身体的ストレス発散ができていないので自律神経が乱れる

運動をしないと真っ先に思い浮かぶのが肥満ですが、肥満は性欲にだってよいことありません。血液はドロドロになり、血管は脂質で狭められて栄養の循環が悪くなってしまうからです。

ホルモンは体内で作られる物質なので栄養がなければ作ることなんてできないのですから、血行不良の人は男性ホルモン(テストステロン)分泌量が低くて性欲がないのは当然といえるんですよ。

さらに、運動にはストレス発散効果があることが研究で証明されているので、日ごろのストレス発散がうまくできずに自律神経を乱し、男性ホルモン(テストステロン)の分泌をお吐露させてしまいます。

運動をすることで血行不良が改善できる、と言い切れるわけではありませんが、運動のもつ「ストレス発散効果」と合わせて性欲向上に期待ができるので、週1回でも運動をする習慣を持つのが性欲アップに効果的なんです。

【運動を習慣化にする方法】

  • ジムに入会して運動する日を決める
  • 会社から早く帰る日を決めて運動する日にする
  • 奥さんと一緒に運動する日を決める
  • 子供のスポーツを一緒に楽しむ

運動といっても大それたことをする必要はなくて、気分転換になるようなちょっとしたランニングやジョギング程度でもOKです。走るのが難しければ、ウォーキングだってやらないよりマシです。

最悪なのが、出来なそうだからといって何もしないこと!

自分のできそうなことを決めて、まずやってみないことには性欲なんて回復しません。

下半身の強化をしよう

下半身強化
性欲の源である男性ホルモン(テストステロン)は筋トレをすることで分泌量がアップします。筋肉は男性の象徴ともいえるものなので、筋肉を強化しようと体が働くとき、必ず男性ホルモン(テストステロン)が必要になるからです。

特に性欲に貢献するのは下半身の強化、おすすめはスクワットですね。

下半身は重力の影響から血流が悪くなりやすい部位で、筋力が衰えると血を体の上に押し出すポンプの力が弱くなってしまいます。スクワットで下半身を強化すると、トレーニング自体で男性ホルモン(テストステロン)の分泌が良くなるとともに、血行改善に効果的なんです。

スクワットで性欲を高める効果はなんと「AV男優」も多くの人が実践している方法なので、筋トレをするならまずスクワットから始めてみることがおすすめです。

参考:AV男優の精力アップの秘訣

射精と勃起を必ず習慣化して行う

勃起と射精
40代になると、勃起する機会や射精する機会が若い時より減ってきていますよね?高校生のころなんて、毎日だってオナニーしたくてたまらかったのに、今じゃオナニーに面倒さすら感じることありませんか?

でも、勃起も射精もしない男性機能は衰えるしかありません。

勃起と射精は性欲にとっては「キャッチボール」のようなものです。キャッチボールすらできないのに、野球の試合に出たいと思いますか?思いませんよね?

10年前にはキャッチボールをしていなくて、野球の試合に出てくれって頼まれたら、練習しないと不安ですよね?普段使っていない、練習していないことをやろうという「意欲」は残念ながら湧いてこないんです。。

性欲だって一緒で、勃起も射精も普段していなかったら、ヤリタイという意欲なんて湧いてい来るわけがありません。

【勃起と射精で性欲を回復するためには】

  • 最低でも毎日1回は勃起をする
  • 少なくても3日に1回は射精する

これくらいの頻度でペニスを使ってあげないと、性欲は衰えるしかありません。使わないものの意欲なんて不要ですからね。

ストレス発散できる趣味を見つけよう

趣味を作る
40代は本当にストレスが多いです。仕事も生活も変化が多くてストレスだらけなんですよね。私も42歳という年齢ですが、ストレスには頭を悩まされています。

【40代の悩ましいストレス】

  • 部下をうまく成長させたいのにうまくいかない
  • 無理難題の予算を与えられて困っている
  • 思わぬトラブルの責任者としての説明責任が辛い
  • 子育ての方針で妻と言い争う

仕事の面で今までよりも責任の重くストレスがかかる仕事が本当に増えるのが40代です。若い時に課長に文句を言っていたのを申し訳なく思えてくるほどに、40代の仕事はつらいですね。

さらに、子供の教育方針などで妻との喧嘩も増えたりして、心休まる時間がありません。

でも、趣味っていわれても・・・と思うかもしれませんが、趣味って趣味らしくなくたっていいんですよ。

【勃起と射精で性欲を回復するためには】

  • カラオケ
  • 美味しいものを食べる
  • ジムで汗を流す・ランニング・ジョギング
  • 子供と遊ぶ・犬と遊ぶ
  • お風呂にゆっくり浸かる

性欲回復のために趣味を持つ目的は「ストレスを発散できる」ことです。サッカーとかテニスとかバイオリンとか、なんかそれっぽい趣味じゃなくたってOKで、自分の気分が晴れればOKですね。

性欲がわく栄養を摂取しよう

精力剤
性欲を取り戻すにはやはり栄養の摂取は欠かせません。40代は責任者としての仕事があるため、トラブルがあった時に自分の好きな時には帰れないということはよくありますよね。

時には上位上司への説明が必要だけど、上位上司のスケジュールがあかなくて夜遅い時間まで待つ必要があったりもして、なかなか栄養のある食事を自分の好きなように摂取することができません。

そもそも、性欲によい栄養を摂取しようと思うと、普通の食生活では実現することが難しいです。

そこで、私も実践しているのは「精力剤」を毎日飲んで簡単に性欲アップが期待できる栄養を補給してしまうということですね。性欲を回復したいなら特に「亜鉛」に注目して精力剤を選ぶと驚くような効果が期待できます。

参考:おすすめの精力剤ランキング

一番簡単でおすすめな性欲回復方法は?

色々と性欲回復方法をお伝えしてきましたが、どの方法法が最もおすすめかというと「精力剤」「勃起&射精」です。

勃起&射精 勃起と射精を行うことで「脳」が性を忘れないため、性欲回復する。
精力剤 精力剤で「栄養」を補給することで、性欲に必要な栄養を「体」が簡単に補給する。

射精・勃起・精力剤を行えれば「脳」「体」の両方の面から性的欲求を欲するようになれます。

性欲は頭と体の両方が揃っていないとうまく発揮できません。男性ホルモンの低下が性欲の低下の一つですが、ホルモンは「栄養」がないと作り出すことはできませんし、ホルモンだけでなくチンコが射精をすることで初めて性欲が湧くんですよ。

だって、射精しない体は性欲があっても無意味です。射精して種を植え付けることが人間の本能にあるのですから、射精しないのであれば性欲なんて湧くわけもありませんからね。

また、射精するためには射精するための「弾(精子)」が必要ですが、精子自体も栄養がなければ作り出すことができません。

精子に必要な栄養を補給しようとすると、例えば牡蠣なら毎日100gも食べなければなりませんが、現実的ではありませんよね。そんな問題を解決してくれるのが精力剤なので、とてもとてもおすすめできるんです。

性欲回復におすすめの精力剤を探してみる

40代男性が性欲がなくても普通?男の境目かもしれない

40代で性欲がないというのは、実は珍しいことではありません。40代からは「性」機能の2極化が始まる時期で、この時期に性欲を回復できる人は生涯現役になれる可能性がとても高いですね。

ED発症率

ご覧のとおり40代からは20%程度の人がEDを発症していて、性機能の衰えが顕著に出てくる時期なんです。

今、性欲がないと不安に感じているあなたは今の状態だとどちらにも転ぶ可能性がある状態です。普通の人は性欲の衰えを感じながらも、年のせいだと誤魔化してしまい、何も対策をしません。

対策をなければ遅くても「50代にはEDで不能状態」になっているでしょうね。50代の1/2はEDですが、1/2のEDじゃない人のほとんどは間違えなく危機感を覚えて対策した勇者たちだからです。

私自身も実は30代から性欲が落ちてきたことを感じていましたが、そこで危機感を覚え「精力剤を毎日」飲むようになりました。現在42歳ですが、今でもセックスは週に3回はしますし、性欲がないなんて悩むことはありません。

あの時、精力剤を手にせず諦めていたら今の生活はないかもしれないので、本当に精力剤を手にしてよかったなと思っています。

【まだ間に合う】精力剤を探してみる

まとめ

なえなえ君なえなえ君

40代の性欲ってやっぱり何もしないと衰えるしかありませんよね。

でも、まだあきらめるような年だなんて思えないので、絶対何とかしたいです!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

40代は中年といわれるけど、気持ちはまだまだ若いものだものね。

私も精力剤で精いっぱいの抵抗をして性欲を上げるようにしているから、一緒に頑張ろう!