なえなえ君なえなえ君

仕事の疲れやストレスって精力剤を飲んだら吹き飛ぶんでしょうか。

強壮作用があるから疲れにも効果的、みたいなことを聞いたことがあるんです!

精力が強い人って、確かに疲れ知らずなイメージはあるけど・・・本当なんですか?


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

日本人は働き過ぎで疲れがたまっているからね。

何とか疲れやストレスをなくしたいというのは国民病かもしれないね。

精力剤が疲れやストレスに効果があるのか、一緒に見ていこう!


疲れ・ストレスへ精力剤が効果的な理由

精力剤は疲れやストレスにも効果があると言えます。

精力剤は精力増強のための栄養を豊富含んでいて、男性機能を回復するために作られたものなんですが、男性機能の回復のためには「活力」も重要だったんです。

ホルモンバランスを整えるからストレスに効果的

ストレス
精力剤が精力増強するための「男性ホルモン(テストステロン)」を増やす栄養を豊富に含んでいますが、男性ホルモン(テストステロン)が増えることでストレスの緩和にも効果を発揮します。

ストレスが発生すると「自律神経が乱れ」てしまい、精神バランスが崩れます。自律神経って聞いたことあると思うんですけど、「交感神経(緊張状態)」と「副交感神経(リラックス状態)」のバランスで成り立っています。

人間の体の中では時間帯によって「交感神経が優位な時間帯」「副交感神経が優位な時間帯」というのを作って、精神をコントロールしていて「緊張感をもって集中するとき」と「リラックスして体を休めるとき」というのを作っているんですね。

ストレスがかかると「交感神経」だけが優位の時間帯が増えたり、逆に「副交感神経」が優位の時間帯が増えたりして、体の状態をうまく保てなくなってしまいます。

この自律神経の状態をコントロールしてくれているのが「男性ホルモン」です。

男性ホルモンが神経コントロールしてくれているおかげで私たちの体は適度に休めたり、集中できたりしているんですね。男性ホルモン(テストステロン)は男性らしさを作り出すホルモンなので精力に効果的なのはもちろんですが、精神を安定させる働きもあるということです。

ストレスが原因で自律神経が乱れるのか、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減りストレスに弱くなるのかは、にわとり卵論のようにどちらが先とも言い切れません。

ただ、言い切れるのはストレスと男性ホルモン(テストステロン)は密接な関係があり、どちらかが不調になるとその後は「悪循環」でどんどん悪化していってしまいます。

精力剤を飲み男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やすことは、この負のループを断ち切る有効な手段になるので、ストレスが溜まっているときは精力剤がかなり効果的ですね。

疲れを吹き飛ばす活力が湧いてくる

疲れを吹き飛ばす
精力剤を飲むことでいわゆる「活力」が湧いてくる効果が期待できます。活力とは何とも曖昧なものを表現したなと思うかもしれませんが、物事へのやる気は「男性ホルモン(テストステロン)」が深く関連しています。

男性ホルモン(テストステロン)が男らしさを作り出すホルモンだ、というのはすでに説明しましたが男らしさには「闘争心」「競争心」「好奇心」「やる気」「リーダーシップ」などの精神面の要素も多くありますよね?

男性の方が女性に比べて好奇心が大せいで競争が好き、っていうイメージはありませんか?逆の女性らしい女性って「おしとやかで奥ゆかしい」というイメージがあると思いますが、女性は男性ホルモン(テストステロン)が少なく女性ホルモンが豊富に分泌されているからなんです。

もちろん、育った環境なども影響しますが、影響の少ない子供のころを見ていても男の子の方が「いろいろな事に興味を持って挑戦する」傾向が強いですよね?

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量は、何かに挑戦する力ややる気といったところにも影響を与えています。

例えば、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減ってきた40代や50代の会社の上司を思い出してみてください。

「部長も昔はヤンチャですぐに怒鳴り散らしていたんだけど、最近はめっきりおとなしくて優しくなったんだよ」

なんて聞いたことありませんか?

部長が優しくなったのは「男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が落ちて」闘争本能や競争心が少なくなってきたからです。昔、すぐに切れていた人がおとなしくなった、というのは会社でよく見る光景ですが、環境の変化だけじゃなくて男性ホルモン(テストステロン)の分泌量も関係していたんですね。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減って来れば、どうしても「やる気」を出すのに気合が必要になってくるんですが、気合も湧いてきません。その結果、どんどんどん疲れやすい体になっていってしまうんです。

あなたも経験ありますよね?

「やる気があることだったらいくらやっても疲れないのに、やりたくないことは軽い作業でも疲れてしまう」ということ。

精力剤を飲み男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を増やせば、やる気が出ないということが少なくなって、どんどん疲れにくい体になっていきます。

血流改善に効果があるから疲れに効果的

血流
精力剤には血流改善の効果も期待できます。精力を上げるのに何で血行が関係するのかな、と疑問に思いませんでしたか?

精力というと例えば「精子・精液の量が増える」「性欲が増える」というイメージがあると思うんですけど、実はそれだけじゃありません。性に関係する最も大事なことが「勃起力」です。

勃起の仕組みを知っていますか?

勃起はペニスに血液が大量に流れ込んだ結果、血圧により大きく膨らんでいます。脳が性的な興奮をキャッチするとペニス内部でNO(一酸化窒素)を発生させてペニス内の血管を拡張します。

広がった血管に血がたくさん流れてくることで、ペニスが膨らみ硬くなっているんです。

勃起しない症状のことをEDといいますが、EDは血管系の疾患の予兆だと考える専門医が大勢います。泌尿器科医の小堀先生の著書内でも「動脈硬化」「心筋梗塞」「糖尿病」などの死に直結するような病気への可能性を指摘されていました。

少し話がそれてしまいましたが、勃起力は血液の流れに深く関係する力なので精力剤でも血流改善効果が期待できる栄養をたくさん含んでいます。

血流改善というと、どちらかといえばダイエット系のサプリなどに含まれているようなコレステロールや中性脂肪に対する改善効果を狙った成分をイメージするかもしれませんが、精力剤の場合はコレステロールや中性脂肪へのアプローチではありません。

血管を広げる「NO(一酸化窒素)」を発生させる力を狙った栄養が精力剤には含まれています。NO(一酸化窒素)は体内で生成される物質なので、発生させるために必要な栄養があるんです。

精力剤を飲むことで血管を広げる力が強くなると、ペニスだけではなく体全体の血流にも影響を与えるため血液循環が良くなります。血液循環が良くなれば栄養の巡りが良くなり、疲れがたまるということが減ってくるんですね。

精力剤に含まれている成分

精力剤には疲れやストレスに効果的なのは分かったと思いますが、実際にどんな成分が含まれているから効果的なのでしょうか。

マカ

マカ
精力剤に多く含まれているのが「マカ」です。マカはペルー原産の「ハーブ」のことで、精力にはもちろんのこと妊活サプリなどにも良く利用されている成分です。

マカが精力剤に良く利用されているのは「亜鉛」「アミノ酸が豊富(アルギニンなど)」が豊富に含まれているからで、男性ホルモン(テストステロン)や血行改善に効果的なんですね。

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるくらい性ホルモンに重要な栄養素です。性ホルモンって男なら「男性ホルモン(テストステロン)」ですし女性なら「女性ホルモン(エストロゲン)」のことですよ。

亜鉛自体がホルモンの原材料になることから男女ともに性ホルモンの生成を助ける栄養素というわけです。

マカが重宝される理由の一つに「亜鉛は欠乏しやすい栄養」ということがあります。アメリカの調査では「人工の3%が亜鉛欠乏症」という結果が出るほど、微量ミネラルの中で最も摂取が難しいミネラルといわれているんですね。

マカには亜鉛だけではなくアミノ酸も非常に豊富です。必須アミノ酸が8種含まれているのでバランスが良いのですが、特に「アルギニン」の配合量も豊富です。アルギニンは体内で血管を広げるのに有効なNO(一酸化窒素)の生産に欠かせないアミノ酸なので、血行改善に効果を発揮してくれるんですね。

クラチャイダム

クラチャイダム
マカに並んでよく利用されるのがクラチャイダムです。クラチャイダムはマカの特徴と似ていて「亜鉛」と「アルギニン」が豊富なことで有名なんですよ。

クラチャイダムとマカの差は「アルギニンならクラチャイダム」「亜鉛ならマカ」です。クラチャイダムの場合はアルギニンの配合量がマカの2倍以上ありますが、亜鉛の含有量は6割くらいです。

血行改善からにはクラチャイダムの方が効果的ですし、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量ならマカの方が有効という感じですね。

もちろん、クラチャイダムもマカもどちらも亜鉛・アルギニンを非常に豊富に含んでいるので、どちらかが微妙な効果しかないというわけではありませんが、特徴がちょっとだけ違うというイメージを持っておけばよいと思います。

精力剤はどんな時に飲めばよい?

精力剤
精力剤で疲れやストレスの対策をしたいなら、疲れたときやストレスがたまった時だけ飲めばよいのかな、と思うかもしれませんね。

でも、精力剤を飲むなら「毎日」飲むのがおすすめです。

精力剤は栄養補給する事で体の中の活力を満たしてくれるもの、と思っているかもしれませんが、本質は栄養補給からの体質改善です。もちろん、疲れやストレスが溜まっているときに飲むのが効果的といっているわけではありませんが、体質から変えることが根本解決につながるんですね。

体質を変えたかったら毎日コツコツ飲むのが一番の近道です。その場しのぎの対策じゃなくて、根本的な解決を助けてくれるのが精力剤なんですよ。

参考:おすすめの精力剤ランキング

まとめ

なえなえ君なえなえ君

精力剤って性欲とか精力だけにしか効果ないと思っていたんですが、意外とちゃんとした効果があるんですね。

疲れに効果的とか嘘かと思っていましたが納得です!


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

精力がみなぎっている人は疲れ知らずなイメージがあると思うけど、ちゃんと根拠があったでしょ。

精力だけじゃなくて活力をつけたい人も精力剤はお勧めなんだよ!