なえなえ君なえなえ君

先生!どんな食べ物をとれば精力がつくんですか?

やっぱり食生活からも精力アップを狙いたいです。


ぎんぎん先生ぎんぎん先生

精力向上に効果があるといわれている食べ物はたくさんあるね。

どんな食品があるのか厳選15個を紹介していくよ!

精力とは?

精力アップといっても、精力ってどんな意味なんでしょうか?

ぎんぎん先生は精力は「男性機能」に関する力のこととして以下の3つがあると考えています。

勃起力 勃起したときの硬さ・亀頭のふくらみ・勃起の持続時間
精液 精液の量・精液の濃さ・ドバドバ射精すること
性欲 ムラムラ来る頻度・女性をいやらしい目で見れるパワー・セックスをしたい衝動

男としての漢の機能の戦闘力が精力ですね。

これらの力がアップするような効果的な食べ物をご紹介していきますね!

精力アップに効果的な食べ物15選を公開!

精力アップに効果的な食べ物を一気に紹介してきますね。

【食べ物をチェックする前に】簡単に精力がつく方法

①牡蠣

牡蠣

牡蠣はセックスミネラルといわれている「亜鉛」の配合量が豊富なことから、精力アップに効果的な食材だといわれています。

亜鉛はミネラル分の一種で、特に「精子の動きを活発にしてくれる成分」「精液放出で大量消費される成分」ということが分かっています。男性機能の象徴を支えているんですね。

参考:亜鉛の効果とは?

牡蠣に含まれる亜鉛の量は100g中13.2mgといわれていています。一般的に亜鉛豊富量が多いことでも知られているレバーでさえも100gで6.9mgしか摂取できないことからも、牡蠣の亜鉛の豊富さが分かりますね。

亜鉛の一日に必要な量は35mg~45mg程度といわれていますが、1度に20mg摂取すると危険とも言われているので、精力をつけたいからといって、一度に食べ過ぎるのは気を付けてください。

②山芋

山芋
山芋にはDHEAというホルモンを豊富に含んでいることが精力アップに効果的といわれています。DHEAは男性ホルモンの原材料にもなるので、男性機能の活性化に効果を発揮します。

また、山芋に含まれるムチンとサポニンという糖質とタンパク質の複合物質(ネバネバ成分)が体内ホルモン活性化に役立つとも言われているんですね。もちろん、男性ホルモンにも効果的ですし、自律神経を整えるのにも効果的です。

その他にも、代謝改善も期待できるとも言われているので、精力アップだけでなく健康・ダイエットにもうれしい効果があります。

③納豆

納豆
納豆には山芋のようにムチンとサポニンが含まれているため体内ホルモン活性化につながりますが、それ以外にも特徴的なのが「ナットウキナーゼ」の存在です。

ナットウキナーゼには悪玉コレステロール分解能力があるといわれているので、いわゆる血液サラサラ効果が期待できます。

血液がサラサラになることで、実は勃起力向上にもつながります。

勃起は簡単にいうと「ペニスに血液が流れ込みその血圧で大きくなる」現象なんです。つまり血液の流れが悪くなればその分ペニスの血流も悪くなり勃起しにくくなってしまいます。

「あれっ、何だか勃ちが悪いな」

そんなことを予防してくれる効果が期待できるんですね。

④ニンニク

にんにく
ニンニクは昔から精力アップ・体力アップの象徴のような存在として語られることが多いですが、ニンニクに含まれている「アリシン」「アリチアミン」「アセチルコリン」といった物質の働きで精力アップに効果的といわれています。

「アリシン」「アリチアミン」はビタミンB1関連の物質で、ビタミンB1の働きを高めるのに効果的なことから糖質の分解を促し血液をサラサラにしてくれます。

「アセチルコリン」は神経伝達物質を促す効果があるので、エロにすぐに反応しやすくなります。勃起は血液の流入だということは説明しましたが、血液流入の前に「性的興奮を神経を通して伝搬」する必要があります。

エロがすぐに伝搬するようになれば勃起力も向上するというわけですね。

次ページ:高級食材としてお馴染みの食材も!