⑤うなぎ

うなぎ
うなぎは夜のお供として精力をつける高級食材として愛されていますね。うなぎに含まれている「亜鉛」「ビタミンE」の豊富さから精力アップに効果的と考えられています。

亜鉛はすでに牡蠣でご説明した通りセックスミネラルでしたが、ビタミンEは主にホルモンバランスを整える・抗酸化作用がある物質です。

抗酸化作用は体内の活性酸素という様々な物質を酸化させる物質を除去する力です。年を重ねるごとに体内の活性酸素への抵抗力が弱まるので、抗酸化作用の高い栄養を補給することが老化防止に効果的といわれていますね。

⑥オクラ

オクラ
オクラは納豆や山芋と同様に「ねばねば」が特徴的であり、あのねばねばから「ムチン」を補給する効果が期待できます。

⑦アボガド

アボガド
アボガドは精力アップにも効果的ですが、豊富な栄養から美容フードとしても注目を集めていますね。

精力面では「ビタミンE」が豊富に含まれていることからホルモンバランスを整え、若い体を作るのに効果的と考えられています。

⑧ニラ

ニラは「セレン」が豊富なことから精子の活性化や精力アップに効果的といわれています。セレンは精子の形成に必要なミネラルですからね。

亜鉛は精子の運動率に関係するミネラルでセレンは精子の形成に必要なミネラルと考えられています。

ちなみに、ニラの種は2000年も前から漢方として利用され「疲労回復・滋養強壮・強精剤」なんていう使われ方をしていました。食べることで賢臓が健康になり、主に男性の下半身の悩みを解決すると評判だったそうです。

⑨ザクロ

ザクロ
ザクロには女性ホルモンエストロゲンが豊富に含まれていることが、実は男性機能へ良好な効果を発揮するといわれています。

女性ホルモンというと女性にだけあるホルモンだと思っているかもしれませんが、男性も女性の1/5程度の量が作られています。「睾丸(金玉)」で作られているのですから、ちょっと驚きですよね。

女性ホルモンが精力アップにつながるわけではありませんが、私たちの体はホルモンのバランスも大切にしています。

ホルモンバランスが崩れると自律神経の乱れを生み、うつやストレスを感じやすくなったりして、精神面から勢力が減退するということも考えられますしね。

インドの古代医療学「アーユルヴェーダ」ではザクロは精力増強剤として効果があると記されているほどで、「持続力が2倍になった」「セックスの回数が増えた」ということが書かれているそうです。

⑩スイカ

スイカ
スイカにはシトルリンというアミノ酸が豊富に含まれていることが、精力アップに効果的といわれています。

シトルリンは一酸化窒素の生産を行う効果があると考えれていて、一酸化窒素は「血管を拡張する効果」があります。

勃起は血液の流れによって発生する現象なので、血管が拡張することでペニスに血が流れやすくなり「硬さや太さ」に良好な影響が期待できるというわけです。

参考:シトルリンの効果とは?

⑪レバー

レバーは鉄分が多いイメージがあると思いますが、鉄分だけでなく例のセックスミネラル「亜鉛」も豊富です。

牡蠣の紹介でもレバーを例に出しましたが、100gで6.9mgの亜鉛を摂取することができます。牡蠣ほどではないにしても亜鉛が豊富な食材といえますね。

現代の食生活では亜鉛は非常に不足しやすいミネラルなので、積極的に摂取すると精力アップにつながります。

次ページ:体調不良のお供の食材はやっぱり効果的!